ここから本文です

本当の気持ちになかなか気づけない 甘酸っぱい「幼なじみ」マンガ CREA 2017年8月号

8/7(月) 12:01配信

CREA WEB

今月のテーマ「幼なじみ」

■【MAN】
幼なじみの甘酸っぱさ全開
不器用同士の遠回りな恋

 気心が知れている分ときめきもないし、異性として意識していないのにいまさらムードを高めるなんて照れくさい。ゆえに、幼なじみの異性は恋愛対象外と決めつけがちだ。本書に登場する計佑とまくらの関係も、計佑にぐいぐい迫ってくる超美人の先輩・雪姫が現れなかったらどうなっていたことやら……。

 もっとも、本当の気持ちになかなか気づけないのも、気づいたところでいまさら言い出せないとためらってしまうのも、“幼なじみ恋愛あるある”だろう。恋愛に不器用な高1男子がグラマーな美女2人との三角関係に悶々とする……という男子のドリーム全開ストーリーだが、計佑はちゃんとモテる理由がある好青年。まくらを元通りにしてあげるのは自分の役目と奔走するし、雪姫を暴漢から救い出すために勝ち目のない相手にも向かっていく。

 確かに、こんな頼りがいのある一面を見てしまったら、幼なじみであっても異性として意識してしまうかも。

新装版『パジャマな彼女。』(上下巻) 濱田浩輔

きょうだい同然に育った計佑とまくら。まくらは突然、原因不明の昏睡状態に陥るが、幽霊として計佑と会話したり触れることもできる。まくらを元通りにする鍵は、どうやら本物の幽霊が握っているようで……。登場人物みんなの恋の不器用さが愛おしくなる三角関係ラブコメ。
講談社 920円

■【WOMAN】
欲望に振り回されることを恐れる
地味女子たちの性の目覚め

 小説の中ではきわどい恋愛や官能を堪能するも、リアルではまるで奥手で地味な和紗たち5人。ある日、文芸部の部会で「死ぬまでにしたいこと」を話し合う。美人なのになぜか文芸部員という新菜が、したいことリストに「セックス」を挙げ、部をざわめかせることに。中でも和紗の混迷ぶりはすさまじく、たたきキュウリにも、太宰治の小説タイトルにも、妄想全開。

 そんな和紗の隣には、幼なじみの泉が住んでいる。泉は学校ではモテ男なのに、女子たちの熱い視線には気づかない鈍感系。そうした場面に遭遇しつつも、和紗の中では泉はまだ子どもで、性に目覚めるなんて先の話だと思い込んでいたのだが……。過日、和紗が、泉の家である出来事を目撃したことから、世界は一変! 

〈性にふりまわされたくない〉と思いつつ、泉への思いや性への関心は高まるばかり。性を意識するきっかけが幼なじみというシチュエーション……なんかエロいんですけど。

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(既刊1巻) 漫画:絵本奈央/原作:岡田麿里

堅物の文芸部長り香、ミステリアスな作家志望のひと葉、特徴のなさを自認するほんわか百々子、あるひとことで部に波紋を呼んだ新菜、性に振り回されたくないと願う和紗、文芸部員5人それぞれのヰタ・セクスアリス。セックスの別称を一生懸命考えたりするのも可愛い。
講談社 429円

三浦天紗子

最終更新:8/7(月) 12:01
CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2017年9月号
8月7日発売

定価780円(税込)

100人の、人生を豊かにする1冊、1曲、1杯
本と音楽とコーヒー。

岡村靖幸×ほしよりこ
高橋一生「ひとり、静かな生活」

ほか