ここから本文です

東京駅エキナカ 押さえておくべき帰省土産12選

8/7(月) 7:00配信

日経ウーマンオンライン(日経ウーマン)

 帰省だけでなく東京観光に来た方の多くが立ち寄る東京駅。その改札内にあるショッピングスポット「グランスタ」、今年オープンした「グランスタ丸の内」、他にも「エキュート東京」「京葉ストリート」と東京駅エキナカで購入できる、いま注目のお土産を選びました。

【関連画像】東京駅丸の内駅舎をかたどった「トーキョーステーションビスケット」

◆グランスタ

 出来たてのお弁当や総菜、こだわりのスイーツなど、80店舗以上がそろう東京駅改札内最大のショッピングスポット、「グランスタ」。あれも、これもと欲しくなってしまうほどたくさんの商品が並んで、選びきれないほど! では早速、おすすめをご紹介しましょう。

●Fairycake Fair(フェアリーケーキフェア)「トーキョーステーションビスケット」

 菓子研究家・いがらしろみさんが手掛ける「Fairycake Fair」。ろみさんの「暮らしの身近にあるたのしさを毎日届けたい」という思いが詰まったお菓子が並びます。

 東京駅丸の内駅舎をかたどり、シンプルな素材の味わいを生かした「トーキョーステーションビスケット」は、バターとカカオの2種類入り。

 東京の土産話をしながら、丁寧にいれたお茶とともに、ゆっくりと楽しみたい一品です。

Fairycake Fair
トーキョーステーションビスケット

10枚入り 1500円(税抜)
16枚入り 2200円(税抜)
24枚入り 3200円(税抜)

●ヒトツブ カンロ「ヒトツブのしずく」

 今年、グランスタ店オープン5周年を迎え、改装リニューアルした「ヒトツブ カンロ」。新しいコンセプト「ヒトからヒトへ つながる ヒトツブ」は、キャンディの1粒はさりげないけれど大切にしたい思いが込められています。

 新発売の「ヒトツブのしずく」は、香り高いフルーツの果汁を閉じ込めたキャンディー。味は、甘酸っぱい「ラズベリー」、爽やかな「グレープフルーツ」、濃い味わいの「ブルーベリー」の3種。かわいいキューブ型のパッケージもおしゃれ。

ヒトツブ カンロ
ヒトツブのしずく

ラズベリー、グレープフルーツ、ブルーベリー
各800円(税込)

1/4ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

日経ウーマン

日経BP社

2017年10月号

価格:590円(税込)

ムダなお金を使わない通勤コーデ
人生100年時代のお金の備え方
新・レディのお仕事ルール
似合う服がズバリ分かる骨格診断BOOK

日経ウーマンオンライン(日経ウーマン)の前後の記事