ここから本文です

足は健康と美容のカギ 足裏もみほぐしで全身の悩み解消

8/7(月) 5:00配信

日経ウーマンオンライン(日経ヘルス)

 足は、立つとき、歩くときの大切な土台。足裏をもむだけ、足指を鍛えるだけで、便秘や腰痛など不調を解消、ダイエットや小顔に効果があるなど、美容にも役立つことがわかってきました。

【関連画像】このように、親指が90度以上反るのが浮き指の目安。あなたは大丈夫?

* * * * *

 サンダルを履いたり、ボトムスの素材が薄くなって丈が短くなるなど、足や脚の露出が一気に増える夏。かかとのカサカサや、太ももや足首など脚のラインが気になってくる人も多いだろう。そこで、「日経ヘルス」編集部では、足と脚のお悩みを解消するため、専門家に取材をした。

 すると、見えてきたのは、私たちの体の土台である「足」の重要性。足がゆがんだり、足が全身をしっかり支えられないと、そのひずみは、脚へ、骨盤へ、首へと上半身に及んでいく。足を土台として立っている間、歩いている間に、そのひずみは全身に影響するのだ。

 だが逆に、たった数分程度足裏をほぐしたりもんだり、刺激したり、足指を鍛えたりするだけで、その影響を抑えることができる。さらに、便秘、腰痛や肩・首の凝り、もっと言えば、顔のほうれい線、あごのゆがみ、頭痛といった、多くの女性が気になる“全身のお悩み”を解消できることがわかってきた。外反母趾や浮き指といった“足自体のトラブル”、むくみ・冷えといった“脚の不調”の解決はいうまでもない。

●「足裏」をもむだけ 「足指」を鍛えるだけ

足裏をもんだり足指を鍛えれば、なんと全身にこれだけの影響を及ぼすという。まさに「足」は、健康と美容のカギ! 足裏ケア、始めない理由はない!

【頭】あごのゆがみがとれる・頭痛を解消

【顔】ほうれい線が消える・小顔になる

【首】首こり解消

【肩】肩こり解消

【脚】冷え・むくみ解消!・ひざの痛みも改善

【腹】便秘解消!・お腹もへこむ

【腰】腰痛改善

3大足指悩みが、姿勢やスタイルに影響!

「すでに外反母趾や浮き指、扁平足が現れている人は、それが原因でボディバランスまで崩れている可能性も高い。足裏のバランスを整えると姿勢やスタイルの改善にもつながる」(笠原さん)。

●【外反母趾】ヒールを履かなくても起こる

・悪い歩き方でO脚やゆがみに

外反母趾だと足指が踏ん張れないため重心がかかとに偏り、左右差も生じる。「足先が外方向へ流れる『ねじれ歩行』となりO脚や体のゆがみに」(笠原さん)。

●【浮き指】指が床にしっかりつかない

・太ももとお尻が張る下半身太りに

重心がかかとに片寄るため、歩行の突き上げが、ひざ・腰・首に伝わり、痛みや不調が出る。「特に足裏の不安定さをお尻と太ももの筋肉で支えるために太くなる」(笠原さん)。

●【扁平足】衝撃とねじれが体に伝わりやすい

・小太りで寸胴(ずんどう)疲れやすい

「足裏の不安定さを体全体に力を入れて補うため、くびれのない小太り寸胴に。地面からの突き上げを受けることで、首を痛め疲れやすく、過食へと悪循環に」(笠原さん)。

(写真提供:笠原院長)

<この人に聞きました>
笠原 巖さん
カサハラフットケア整体院院長(神奈川県横浜市)
外反母趾、浮き指研究家。笠原接骨院院長。柔道整復師。43年におよび11万人以上の足をみる。著書『外反母趾は今すぐ治す』(自由国民社)ほか多数。http://kahanshindiet.net/

取材・文/羽田 光(編集部)、写真/鈴木 宏、スタイリング/椎野糸子、ヘア&メイク/依田陽子、モデル/殿柿佳奈

日経ヘルス2016年7月号掲載記事を転載
この記事は雑誌記事執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります

記事提供社からのご案内(外部サイト)

日経ヘルス

日経BP社

2017年9月号

価格:600円(税込)

朝夜5分!で下腹を凹ませる
新発見!体内時計が決め手下腹凹む7習慣
夏の不調・お悩み別栄養素ガイド
一生続く!美髪・美肌マル秘テク

日経ウーマンオンライン(日経ヘルス)の前後の記事