ここから本文です

第2のユニクロ、夢の繊維…他、今後の上場が予想される有力企業

8/8(火) 6:30配信

マネーポストWEB

 2017年後半も多くの有望企業の新規上場(IPO)が予想されている。最大の注目株となるのは、物流大手の佐川急便を傘下に収める持ち株会社「SGホールディングス」で、その上場時の時価総額は3000億~4000億円規模が予想され、2017年最大のIPO案件になる見込みだ。それでは、その他にはどういった企業のIPOが有力視されているのか。投資情報サイト「IPOジャパン」編集長・西堀敬氏が解説する。

 * * *
 2017年下半期にIPOが有望視される企業として、SGホールディングスに次いで注目されるのは、上場時の時価総額が1000億円規模の大型上場になると予想されるメルカリとストライプインターナショナルだろう。

 メルカリは、個人間で簡単かつ安全にモノの売買ができるフリーマーケットアプリ「メルカリ」を日米で展開している。テレビCMの大量投下による認知度アップもあって業績は好調。2016年6月期決算は売上高が122億5600万円(前期比189%増)、営業利益が32億8600万円(前期は11億400万円の赤字)となり、2013年の設立から初の黒字化を果たした。アプリのダウンロード数は日米合算7500万を突破し、快進撃が続いている。上場となれば、人気化は必至と思われる。

 ストライプインターナショナルは、カジュアル衣料大手で「アースミュージック&エコロジー」などを展開し、「第2のユニクロ」との呼び声も高い。2016年にクロスカンパニーから現社名に改称。社名は知らなくても、宮崎あおいや広瀬すずを起用した「アースミュージック&エコロジー」のテレビCMといえばピンとくる人は多いはずだ。2018年1月期の売上高は前期比2ケタ増の1400億円超を計画し、足元の業績も不安はない。こちらもIPOが現実になれば、人気化が予想される。

 数年前から話題になっていたSpiber(スパイバー)も、2017年中のIPOが有力視される。慶応義塾大学発のベンチャー企業である同社は、「夢の繊維」といわれる鋼鉄の340倍の強度を持つ人工クモ糸繊維を開発。スポーツメーカーのゴールドウインと資本業務提携を結び、実用化に道筋をつけている。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

マネーポスト

株式会社 小学館

2017年夏号
6月1日発売

定価620円

最新号の総力特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。「年内株価3倍期待の高成長株10」他、上がる株を一挙大公開。

Yahoo!ニュースからのお知らせ