ここから本文です

アウディQ2 「粗削り」で若者狙う デザイナーを直撃

8/8(火) 7:47配信

NIKKEI STYLE

 久々に気になるカーデザインが登場した。アウディ「Q2」。同社初ともいえるはやりのコンパクトSUVだが、デザインテーマはなんと「ポリゴン=多面体」。グリルほかディテールにモチーフを投影させるだけでなく、全体も今までにない角張ったゴツゴツフォルムになっている。今後、アウディデザインは変わるのか? 若き30代の担当ドイツ人デザイナーを直撃した。

■ちょっと大きな声でほえる小犬
小沢コージ

(以下、小沢) やっと日本にも話題のQ2が上陸しました。アウディ初のコンパクトSUV、しかも後発ということで、今までのアウディデザインとは違った新しいトライをされていると思いますが、何がポイントなんでしょう?

マティアス・フィンク氏

(以下、フィンク) 「クロスオーバー」という言葉がありますが、文字通り何かの境界を超えるという意味で、SUVの枠を超える、コンパクトカーの枠を超える、スポーツカーの枠を超える、いろんな意味が含まれていて、このクルマもそういうイメージの中で考えました。

小沢

 とはいえ今、クロスオーバーSUVはたくさんあります。その中でQ2らしさとは?

フィンク

 実は私自身、クロスオーバーという言葉はあまり好きではないんです。普通の車に対してクロスオーバーと呼んだりすることも多く陳腐になるので、Q2にはあえてこの言葉を使っていません。でも、本来的にクロスオーバーと呼べるのは、このクルマではないでしょうか。控えめな表現で作られるアウディの中ではかなりアグレッシブだし、SUV、コンパクトカー、スポーツカーといった定義であり境界を超えているという意味で。

小沢

 相当な自信をお持ちのようですが、実際僕もQ2を見てびっくりしたんです。フロントグリルのポリゴン模様といい、ドアのプレスラインのビックリするような六角形のエグれといい、とても今までのアウディとは思えない。あれはかなり意図的だったということですね。

フィンク

 デザインレベルをダイヤルで調節しているとしたら、普通より少し多めに回している感じです。それはグリルもそうだし、Cピラーもそう。ルーフの落ち方も大きいし、サイドのロッカー部を通常より上げてキャビンがコンパクトに見えるようにしています。イメージとしては「小さな犬がちょっと大きな声でほえている感じ」です(笑)。

1/3ページ

最終更新:8/8(火) 7:47
NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。