ここから本文です

元メジャーリーガーがアルバイトで日本初登板?【1953年8月8日】

8/8(火) 11:10配信

週刊ベースボールONLINE

 プロ野球の歴史の中から、日付にこだわって「その日に何があったのか」紹介していく。今回は8月8日だ。

 1953年、日本球界におけるエポックメーキングとなる事件が起こった。

 元メジャー・リーガーの日本球界デビューである。来日前の51年レッドソックスで7勝を挙げていた毎日(現ロッテ)の左腕、レオ・カイリーだ。ただし、日本に来たのは、日本球界移籍のためではなく、兵役としてである。

 当時、朝鮮戦争真っ只中、日本の基地に駐留する米軍兵も多く、その中には米球界経験者もいた。彼らがほかの野球好きと一緒に基地別にチームを作り、日本の二軍チームと対戦するのも珍しくなかったという。その中で兵役の休日に、一軍で投げる“アルバイト選手”が登場。西鉄の三原脩監督が先駆者で52年にオニール、ワイヤット、53年にロング、ペインと契約したが、彼らにはメジャー経験がなかった。

 史上初の元メジャー・リーガー、カイリーの初登板が53年の8月8日、甲府での西鉄戦だ。4番手で登場し、中西太、塚本悦郎にホームランを打たれ3失点を喫しながらも勝利投手となっている。

 中西は「全部シュートして素直な球が1つもなかった。スクリューボールがすごかった」というから、タイプ的にはいまのメジャーでツーシームを駆使する投手と大きく違ってはいないようだ。

 毎日の日系人監督・若林忠志が自ら足を運び、スカウト。1試合10万円の契約だったという(当時の選手の月給は4、5万円)。結局カイリーは、8月30日までに6試合投げ、6勝0敗、防御率1.80。この年の7月に朝鮮戦争が休戦となっていたこともあり、除隊が早まって毎日もそこで退団。翌54年からレッドソックスに復帰した。

 なお驚いたのはバッティングだ。19打数10安打、打率.526と打ちまくったが、こちらについてギャラが出たかどうかは定かでない。54年以降、日本球界でのアルバイト投手は禁止となっている。

写真=松村真行

週刊ベースボール

記事提供社からのご案内(外部サイト)

2017プロ野球記録集計号
[新人王インタビュー]中日 京田陽太
[タイトルホルダーに聞く]広島 田中広輔