ここから本文です

中日・野村亮介投手「ど真ん中に入ったチェンジアップは、あれから一度も投げていません」

8/8(火) 12:00配信

週刊ベースボールONLINE

今週のテーマ「都市対抗」

 楽しかった記憶が残っています。特に社会人3年目は、本戦の初戦に先発させてもらい、次の日本新薬戦では延長10回からリリーフ。タイブレークになった12回に僕が打たれて負けたんですが、真っすぐは自己最速の149キロが出ました。あの投球があったからこそ、ドラフト1位で指名してもらったんだと思っています。

 もちろん苦い経験もあります。忘れられないのは、2年目で臨んだJR東日本との2回戦。登板した5回に一死満塁になり、五番打者に満塁ホームランを打たれました。ど真ん中に入ったチェンジアップは、あれから一度も投げていません。その影響で自分を見失った時期もありましたが、今思うと成長させてくれた舞台でした。

週刊ベースボール

記事提供社からのご案内(外部サイト)

大谷翔平は成功する?日本人メジャー特集
[CLOSE UP]二刀流を成し遂げる方法
[MLBインタビュー]前田健太