ここから本文です

究極のミニマルデザインに進化したライカのミラーレスカメラ『LEICA TL2』の実力検証

8/8(火) 6:30配信

@DIME

■Introduction

ライカジャパンはAPS-Cサイズのミラーレスカメラ『LEICA TL2』(27万円税込)を発表した。アルミ削り出しのボディーは『LEICA T』からで、その後『LEICA TL』に進化して、今回さらに『LEICA TL2』になった。TL2は内蔵フラッシュが省略されたり、メインスイッチのON/OFF表示がなくなったりして、究極のミニマルデザイン化が進められている。

【写真】究極のミニマルデザインに進化したライカのミラーレスカメラ『LEICA TL2』の実力検証

■Spec

インターフェイスは動画記録ボタンがFnボタンに変更されカスタマイズに対応。USB3.0に対応したType-C端子を採用、microHDMI端子も搭載。USB充電に対応した。カスタマイズ可能なメニュー項目は関連機能ごとに分かりやすくまとめられた。120fpsのハイスピード動画に対応、さらに単独でRAW(DNG形式)データの記録ができるようになった。サイレント撮影対応の電子シャッターが搭載され1/40000秒が使える。画素数は1630万から2432万に増やされた。常用感度はISO100~12500が、ISO100~50000に変更された。AF速度は最速0.165秒になり、TLの3倍に向上した。連写速度は約5コマ/秒から約7コマ/秒となり、電子シャッターを使った場合は約20コマ/秒(連続29枚)に対応する。4K動画に対応、フルHDでは60pに対応した。

写真・文/ゴン川野

@DIME編集部

最終更新:8/8(火) 6:30
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年10月号
8月16日発売

定価600円

売り切れ御免!調理家電&ヒット食品
ふるさと納税 極ウマ返礼品・ベスト47
ホリエモン流 超仕事術公開
タイプ別 痩せるカラダマネジメント