ここから本文です

新スパイダーマン、トム・ホランドが初来日!東京・歌舞伎町にスーツ姿で現れる

8/8(火) 15:03配信

MEN’S+

ジャパンプレミアに参加していたファンを見て、「ワオ!」と驚きを隠さなかったトム・ホランド。彼が驚いた理由とは?

 2017年8月7日、俳優トム・ホランドが人気ヒーロー“スパイダーマン”の新シリーズ最新作『スパイダーマン:ホームカミング』のプロモーションを行うため、ジョン・ワッツ監督と共にジャパンプレミアに姿を現した。 
 
 コミックが原作のスパイダーマンはこれまで何度も映像化されてきたが、本作では新スパイダーマンがアイアンマンと共闘する物語が描かれている。トム・ホランド演じるピーター・パーカーは学校生活や恋愛、敵との闘いなど、多くの悩みを抱える高校生で、このリアルな主人公が受けて世界中で大ヒットしている作品だ。新スパイダーマン自体は、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』でアイアンマンらアベンジャーズの面々と並んで一足早くデビューを飾っている。

ジャパンプレミアの様子と本作の予告編はこちらから。

 今回、初来日を果たしたトム・ホランドは、ダブルブレストのスーツにネクタイとイギリス紳士らしい装いで登場。スクリーンの中ではカジュアルなスタイリングが主なので、スーツ姿での登場という貴重な機会にファンは興奮していたようだった。 
 
 登壇したホランドは、「はじめまして、トム・ホランドです」と日本語で挨拶。自身が演じたピーター・パーカーについて、「彼はただの子供なのに、ヒーローとして大きな責任を背負うところが新鮮」とコメント。続いて、「ピーターはアイアンマンやマイティ・ソーと違って普通の子供なのです。だからこそ親しみが感じられます。僕は彼が好きなんです」と、等身大の新生スパイダーマンの魅力を熱弁した。

 イベント途中からは大雨が降り始め、会場に駆けつけた多くのファンはずぶ濡れに。それでもホランドは雨の中、スパイダーマンのコスプレをした熱狂的ファンらのサインに応じるなど、多くの人々と交流を楽しんだ。

 新スパイダーマンがどのようなアクションを見せてくれるのか、そしてアイアンマンはどのようにスパイダーマンを導いていくのか。気になる方は今週末、是非とも劇場に脚を運んでほしい。

山野井 俊

最終更新:8/8(火) 15:16
MEN’S+

記事提供社からのご案内(外部サイト)

メンズクラブ

ハースト婦人画報社

2014年12月号
2014年10月24日発売

特別定価:810円

『メンズクラブ』は35歳中心の男性に向け、
リアルに使えて本当に似合う情報を
男性文化の薀蓄をもって提案する
使えるラグジュアリー読本です!