ここから本文です

ブルックリン・ベッカム、二世セレブの苦悩を語る。

8/8(火) 17:50配信

VOGUE JAPAN

ブルックリン・ベッカム(18)が、有名人としての生活は浮き沈みが激しいと発言している。

母ヴィクトリアがデザインするファッションブランド、ヴィクトリア・ベッカム(VICTORIA BECKHAM)2017-18年秋冬コレクション。

サッカー界のスターであるデビッド・ベッカムを父に持ち、アイドルから転身し今やファッションデザイナーとして活躍するヴィクトリア・ベッカムを母に持つブルックリンは、パーティーに行くといったような普通の18歳の生活を送れない辛さを語った。「有名人でいることは大変だよ。同年代の人達ができないようなことも経験できるけど、普通の18歳の人たちが送っているような生活は僕にはできないんだ。たとえば、皆みたいにいつでもパーティーに行けるわけじゃない。代わりに僕は早起きして仕事に出かけなくちゃいけないいんだ。いいことも悪いこともあるよ」。

現在はフォトグラファーとして新たな道を切り開いていてるブルックリンだが、幼い頃は父の背中を追いながら常に「プレッシャー」を感じてきたとして『エンターテイメント・トゥナイト』に次のように語っている。「プレッシャーはかなりあったよ。(サッカーで)失敗するたびに、周りの人達が『なんてこった、彼がまたやらかした』って感じで僕を見ている気がしたんだ。まだサッカーは好きだし、しょっちゅう父さんと一緒に試合を見ているよ。けれど自分の道を行きたいとも思っていたんだ。実は写真を4年間勉強するために、今月ニューヨークに引っ越す予定なんだ。とても楽しみだよ。写真こそが僕の本当にやりたかったことなんだ。もともと写真を撮ることが好きなんだよね。だから僕に向いていると思う。ニック・ナイトの下でインターンをしていたこともあったよ。すごく楽しかったし、やりがいもあった。彼は素晴らしい人だよ。僕を働かせてくれたんだから!」

Bangshowbiz

最終更新:8/8(火) 17:50
VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2017年9月号
2017年7月28日発売

700円(税込み)

ララ・ストーン、ドウツェン・クロース、ナターシャ・ポーリーなどトップモデル6名が表紙で豪華競演。