ここから本文です

3人のセレブが見せた「飾らない姿」に共感の声

8/8(火) 12:00配信

コスモポリタン

普段は非の打ち所もない姿でレッドカーペットやイベントに登場するセレブたちだけど、近年はSNSを通して素の姿を公表する機会が増加中。一見すると煌びやかに見えても、あのキラキラした姿を維持するのはセレブにとっても大変なよう! 最近になって、リアルな生活を投稿したセレブのSNSをいくつかご紹介します。

修正一切なし、モデルの意識を変えた「水着キャンペーン」

ドリュー・バリモア

シーズン2にリニューアルされることが発表されたNetflixのドラマ『サンタクラリータ・ダイエット』に出演中のドリュー。シーズン1の撮影後、ドリューはしばらく外見に気を遣っていなかったようで、今週このような白髪交じりにも見えるボサボサの髪の毛とノーメイクの姿を投稿していた。

「#シーラに再びなる オーマイゴッド、どうしてここまでひどい状態になるまで放っておいたのかしら。ベースメイクと眉メイクが必要よね。再び彼女にならなくては。サンタクラリータ・ダイエット、また始めるわよ。シーズン2」

ジェシカ・シンプソン

歌手でファッション業界でも成功を遂げているジェシカ・シンプソン。幅広いサイズ展開をしているブランド「The Jessica Simpson Collection」は、数多く存在するセレブが手掛けるブランドの中でも最も成功しているブランドの1つだと言われている。さらに幼い2人の子供を育てながら、約7年ぶりとなるアルバムの制作中。そんな彼女は自身の外見にあまり時間をかけられないようで、「剃り残しが…」というコメントと共にこちらの写真を投稿。

この投稿は多くの女性の共感を得たようで、コメント欄にも「分かる、私の人生と同じ」や「チクチクじゃないってことはずっと剃ってないってことよね、私も時間がなくて1年に6回くらいしか剃れないの」といったコメントが多く投稿された。

クリッシー・テイゲン

いつもリアルな姿を隠さずSNSヘ投稿していて、過去には何度かストレッチマークを載せたことがあるクリッシー。今回は鼻のてっぺんにあるニキビの写真だった。
「生理時の肌、最低」と書かれた動画でこのように話している。

「これが生理中の肌なの。見てよ、本当嫌だ。痛いわ」

誰もが直面する肌トラブルなどをあえて投稿したセレブたち。美容のプロが付いているセレブでさえもパーフェクトでないということを見せた。

最終更新:8/8(火) 12:00
コスモポリタン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

コスモポリタン

ハースト婦人画報社

1886年にアメリカで創刊され、
世界中の女性に愛されるコスモポリタン。
日本ではオンラインに特化し、
恋愛、ビューティ、セレブ情報など発信中。