ここから本文です

バルセロナ、ネイマール代役は下部組織出身アタッカー!?  1得点2アシストのアピール

8/8(火) 9:40配信

Football ZONE web

シャペコエンセ戦で5-0勝利、今夏買い戻した23歳FWデウロフェウが活躍

 ブラジル代表FWネイマールがパリ・サンジェルマン(PSG)へと去ったバルセロナは、シーズン開幕までに前線のチーム再構築を図らざるを得ない状況となっている。そのなかで現地時間7日に行われたプレシーズンマッチ、ジョアン・ガンペール杯でシャペコエンセに5-0で勝利。昨季までACミランに所属し、今季からバルサに復帰した下部組織出身アタッカーがネイマール代役候補として必死のアピールを見せた。

【動画】ネイマール代役候補が1得点2アシストと活躍! 「バルサ×シャペコエンセ」ハイライト映像

 シャペコエンセ戦で結果を残したのは23歳のFWジェラール・デウロフェウ。バルサBからトップチームに昇格したもののなかなか出番を与えられず、エバートン、セビージャと渡り歩き、昨季途中にレンタル移籍で加入したミランで日本代表FW本田圭佑(現パチューカ)らとのポジション争いを制し、レギュラーを獲得。勢いに乗って今年3月にはスペイン代表にも選出された。その勢いと「MSNトリオ」のバックアッパーが必要と感じたバルサは、デウロフェウを今夏買い戻した。

 しかし周知の通り、急転直下でネイマールの移籍が決定し、不動と見られた3トップに1枠の空きができた。そこでエルネスト・バルベルデ新監督は左ウイングにデウロフェウを抜擢すると、6分にFWルイス・スアレスとのワンツーで抜け出したMFイバン・ラキティッチのラストパスに走り込み、先制点をマーク。11分にはMFセルヒオ・ブスケツのミドルシュート、23分にはエースFWリオネル・メッシのゴールをお膳立てするなど、1ゴール2アシストの活躍を見せ、6万2000人が詰めかけたファンを沸かせた。

現地紙の評価も上々

 バルセロナ現地紙の評価も上々だ。この試合について「スポルト」紙は「カンテラーノ(下部組織出身者)のカンプ・ノウでの素晴らしい初戦だった。ボールがない場所でも努力していた」、「ムンド・デポルティーボ」紙も「少なくともウスマン・デンベレ(ドルトムント)を獲得するまではファーストチョイスとなった」と高評価を与えている。

 パリへと去ったネイマールと比べると圧倒的に実績が劣るのは否めない。ただデウロフェウはメッシとルイス・スアレスのサポートを受けつつ「MSDトリオ」の一員としてブレークを果たせるか否か、大事なシーズンとなるのは確かである。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/8(火) 10:22
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新