ここから本文です

沖縄出身フィメール Awich、アルバム『8』リリース Chaki Zuluがプロデュース

8/8(火) 20:02配信

KAI-YOU.net

沖縄出身のラッパー/シンガーのAwichさんが、8月8日(火)にアルバム『8』をリリースした。

【業界人アンケート 2017年にブレイクするラッパーは?】

ストリートシーンから絶大な支持を受ける音楽プロデューサー・Chaki Zuluさんが全面プロデュースを手掛けている。また、アルバム収録曲から「Rainbow」のMVが新たにYouTubeにて公開された。

気鋭ストリートアーティストが集結する新作

フィーチャリングにはANARCHYさん、KANDYTOWNからYOUNG JUJUさん、YENTOWNからkZmさん、SOIL&“PIMP” SESSIONSのトランペット奏者・Tabu Zombieさんが参加。

さらに、Awichさんの出身地である沖縄からは、ラッパーのRITTOさんと、沖縄音楽のレジェンド・古謝美佐子さん、さらにAwichの娘であるYomi Jahといった豪華アーティストがそろい踏みし、沖縄と東京、世界を紡ぐ作品に仕上がっている。

Awichさんは19歳の時にビジネスを学ぶためにアトランタに渡り、結婚、出産、そして最愛の人との別れなどを経験。このアルバムは、そんな彼女にしか描けないウチナーグチ(沖縄語)と英語、日本語を自在に組み合わせたエモーショナルなリリックとディープな歌声で神秘的な世界を表現している。

ダンスボーカルユニット・w-inds.のメンバーで作曲家、俳優としても活躍する橘慶太さんも、その日本人離れした独自の表現力を絶賛している。

Chaki Zuluさんが楽曲を手がけるヒップホップクルー・YENTOWNにもメンバーとして加入した彼女。ストリートシーンだけでなく、より広い世界に届きうる新たなフィメールの登場に期待せざるを得ない。

米村智水

最終更新:8/8(火) 20:02
KAI-YOU.net

Yahoo!ニュースからのお知らせ