ここから本文です

30分歩くだけで2時間分の運動効果!手軽に高地トレーニングできる新感覚スタジオ『ハイアルチ+』潜入レポ

8/8(火) 8:10配信

@DIME

マラソンランナーをはじめ、多くのトップアスリートが取り入れていることで有名な「高地トレーニング」。高地のような低酸素な環境では、そこにいるだけで体に負荷がかかるため、短い時間で効率の良いトレーニングができるので、ジャンルを問わず多くのアスリートから支持されており、名前ぐらいは聞いたことがあるという方も多いのではないだろうか。

【写真】30分歩くだけで2時間分の運動効果!手軽に高地トレーニングできる新感覚スタジオ『ハイアルチ+』潜入レポ

標高の高い山で行われるこのトレーニングだが、山を登らなくてもこの高地トレーニングが体験できるスタジオ「ハイアルチ+」が代々木上原にオープンしたというので早速体験してきた。

■30分歩くだけで2時間分の運動効果!新感覚スタジオ「ハイアルチ+」
「ハイアルチ」は日本初のハイアルチテュード(high altitude 高地状態の意)専門スタジオで、新たにオープンする「ハイアルチ+」では、高地トレーニングをベースとした「細胞から鍛える」トレーニングプログラムとヨガ、および体幹トレーニングを融合させたメニューを提供している。

室内で2,500メートル級の山と同程度の酸素量を再現し、スタッフが定期的に心拍数や血中酸素濃度を計測しながらトレーニングをサポート。高地状態での運動のメリットは、トレーニング効果の効率化だけではなく、ミトコンドリアの活性化によって効率よく脂肪が燃焼するとともに、心肺機能や持久力も向上し疲れにくく痩せやすい体へと変わっていく。さらに、冷え性やアンチエイジングなど美容効果まで多様な効果も見込めるという。

■早速体験
まずはSpO2(血中酸素濃度)を測定。健康状態だと、SpO2は95~99あたりだそうで、筆者の場合は96であった。まずは、SpO2を下げることの大変さを体感するために、全力でモモ上げを30秒間行ったところ93まで下がった。肩で息をするほどかなり全力を出したが3しか下がらなかった。

次に、標高3500m、富士山の山頂付近の状態になっているスタジオで15分ウォーキングを体験。SpO2が96の状態からスタートし、最初の5分は時速5キロで歩いたところ一気に87まで数値が低下した。この時ほとんど疲れは感じず呼吸も全く乱れていない。

5分毎にトレーナーさんのチェックが入り、ペースを見ていてくれるので次の5分は時速6キロで歩いた所90に。大丈夫かなと次の5分は7キロまで上げてみたが90で安定したままであった。体験中も体験後も疲れも呼吸の乱れもほとんどなかった。

ちなみに平地でSpO2の数値を80台まで落とすにはアスリートでも倒れるぐらいの運動量をこなさなければいけないそうだ。それだけの運動量をたった30分歩くだけでできたというのだから驚きだ。ちなみに体験後しばらくするとプールのあとのような心地よい疲れを感じ、その日は特にぐっすりと眠ることができた。

また、同スタジオには高地状態で体幹トレーニングやヨガを楽しめるスタジオも併設されている。ハイアルチのメニューはお子さんの体づくりにも有効という研究もあるので、将来的にはお母さんがヨガをしている間、お子さんは隣で30分ウォーキングできるような家族向けのプランも提供していきたいとのことだ。

もちろん短時間で効率よくトレーニングができるので、忙しいビジネスマンにもオススメだ。週に一回でも効果を上げることができるそうなので、休みの前日などにふらりと立ち寄り細胞を鍛え、疲れにくい体を手に入れてみてはいかがだろうか。

【関連情報】
ハイアルチ+(プラス) 代々木上原スタジオ
営業時間:10:00~22:00(最終時間 21:30まで)
住所:渋谷区上原1丁目25番1 J'sビル代々木上原2階

文/編集部

@DIME編集部

最終更新:8/8(火) 8:10
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年12月号
10月16日発売

定価600円

Amazonを使い倒す超賢ワザ
『iPhone X』を買うべき10の理由
開発の裏側も見せます!無印良品の家電学