ここから本文です

世界のタブレット市場、4~6月期も減少

8/8(火) 6:00配信

JBpress

 先ごろ、米国の市場調査会社IDCは、今年の世界スマートフォン市場は、年後半に回復が見られるとする予測を公表したが、同社によると、タブレット端末の市場も同様に、年後半に出荷台数の増加が見込まれるという。

 (参考・関連記事)「後半に期待集まる17年の世界のスマホ市場」

■ 4~6月期の世界出荷台数は3.4%減

 IDCが8月3日に公表した、2017年4~6月期のタブレット端末市場リポートによると、同四半期の世界出荷台数は、3790万台で、1年前から3.4%減少した。

 IDCはタブレット市場を「スレート型」と呼ぶ従来型端末と、着脱式キーボードが用意されている「デタッチャブル型」の2つのカテゴリーに分けて分析している。

 このうち、前者のスレート型は、世界的に減少が続いており、同社はこれまで、これがタブレット市場全体の規模縮小の要因になっていると指摘。一方、デタッチャブル型は、ノートパソコンの代替製品としての需要があり、タブレット市場回復の成否は、このデタッチャブル型の成功にかかっているとしていた。

■ アップルとMSの新製品が反映されるのは年後半

 そして、この4~6月期は、米アップルが、デタッチャブル型である「iPad Pro」の新モデルを、米マイクロソフトも同じくデタッチャブル型である「Surface Pro」の新モデルを発売した。

 IDCによると、アップルとマイクロソフトが新製品を発売すると、その後の市場は活気付く傾向にある。つまり、この4~6月期は、その効果が現れると見られていたのだが、結果はそのとおりにならなかった。IDCによると、その理由は、いずれもその製品投入時期が6月だったため。つまり、この4~6月期の統計には、それぞれの出荷台数の一部しか反映されなかった、というわけである。

 ただ、アップルだけで見ると、iPad Proの新モデル投入は、効果が出ている(決算資料)。iPadの販売台数は今年1~3月期まで13四半期連続で前年実績を下回っていたのだが、今年4~6月期は、14.8%増となり、ようやく前年割れに歯止めがかかったのだ。

 そして、IDCは、こうしたアップル製品の効果が、今年後半の世界タブレット市場に反映されると予測している。

■ アップル、シェア3割に拡大

 なお、IDCが公表した、4~6月期のメーカー別出荷台数(速報値)を見ると、アップルが1140万台となり、首位を維持した。その1年前に比べた伸び率は同社業績報告の数値とほぼ同じ14.7%。同社のシェアは1年前の25.4%から30.1%に拡大した。

 アップルに次いだのは、韓国サムスン電子の600万台。ただ、同社の出荷台数は、1年前から0.8%減少している。

 3位以降は、中国ファーウェイ(華為技術)の300万台、米アマゾン・ドットコムの240万台、中国レノボ・グループ(聯想集団)の220万台。

 このうち、3位のファーウェイと4位のアマゾンは、出荷台数の伸び率が、それぞれ47.1%と51.7%と、大幅に伸びた。両社に共通しているのは、低価格戦略。とりわけアマゾンは挑戦的な価格戦略が奏功しているとIDCは分析している。

小久保 重信

最終更新:8/8(火) 6:00
JBpress

記事提供社からのご案内(外部サイト)

JBpress PremiumはJBp
ressが提供する有料会員サービスです。
新たな機能や特典を次々ご提供する“進化
するコンテンツ・サービス”を目指します。