ここから本文です

愛知県新城市で「えんとつ町のプペル展」が開催中!

8/8(火) 15:36配信

東京ウォーカー

キングコング・西野亮廣の絵本の巡回展「えんとつ町のプペル展 in 新城」が、「大野宿 美術珈琲 鳳来館」(愛知県新城市)で2017年8月27日(日)まで開催中だ。

【写真を見る】絵本はクリエイターを集めた制作チームを組み、分業制で制作された

「えんとつ町のプペル」は、芸人で絵本作家の西野亮廣が4年半かけて完成させた絵本。昨年10月の発売以降、発行部数は30万部を超え、映画化も決定した。映画は2019年ごろの公開を目指しているという。

同展では、光る仕掛けが施された作中の絵、全41点が展示される。入場は無料だ。展示される絵は特殊フィルムとLEDを使用することにより、絵そのものが光るのが特徴。絵本の中に入り込んだかのような、ファンタジックな世界を堪能できる。掲示されている作品は撮影が可能で、コスプレが楽しめるフォトスポットも用意されている。

また、新城市の隣、東栄町でさかんなチェンソーアートで作られた、主人公・ルビッチの木彫り看板も展示。樹齢200年の杉を使用したというこの作品も必見だ。

会場となる「大野宿 美術珈琲 鳳来館」は、大正時代建築の建物を利用したレトロな喫茶・ギャラリーなので、展示会とあわせて喫茶メニューを楽しむのもオススメ。夏休みのおでかけの際の立ち寄りスポットとして、足を運んでみては。【東海ウォーカー/前田智恵美】

最終更新:8/8(火) 15:36
東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):700円

今夜食べたい鍋
はじめまして、新宿二丁目。
東京で楽しむ4つのクリスマス
北海道発“シメパフェ”って?