ここから本文です

今井絵理子に「世間に通用しない」と橋本氏妻 “略奪不倫”当事者たちへの取材

8/8(火) 8:01配信

デイリー新潮

元SPEED「今井絵理子」参議院議員の略奪不倫(下)

「息子が、この国に生まれてよかったと思えるような日本にしたい――」聴覚障害を持つ息子を女手一つで育てる今井絵理子・参院議員(33)はこう抱負を語り、昨年の参院選で当選を果たした。そんな彼女が熱愛の相手に選んだのは、妻子のある橋本健・神戸市議会議員だった。今井議員と橋本議員、そして橋本議員の妻は「週刊新潮」の取材に何と答えたか。

 ***

 今井議員のウリは「子育て」である。議員になって、彼女の忙しさは格段に増したはず。これまでと比べ、息子と触れ合う機会は数段減ったであろう。ならば、わずかな時間でもできれば、子どもと会おうというのが人情というもの。まして、子育ての苦労譚で票を取った彼女ならなおさら、だ。

 ところが、

「橋本と不倫するようになって以来、絵理子はそっちに夢中で、子どものことはお母さんにまかせることが増えたという印象です」(今井議員とごく親しい芸能関係者)

 実際、お泊りデートの際もそうだ。今井議員のそもそもの自宅は、国分寺市にあり、そこで母や息子と暮らしている。議員になった後、朝早い会議などもあるため、セカンドハウスとして千代田区三番町のマンションを借りた。しかし、それは建前なのか先の7月16日も橋本を招き入れている。これでは、仕事のためというより、橋本氏と会うための部屋と勘繰られても仕方ないのだ。

“公私混同”の指摘も

 あるいは、この7月19日(水)にも、今井議員は翌日の政務のため、最終便で新大阪に入っている。しかし、この行事は、翌日の新幹線で向かっても十分間に合った。事実、同行秘書は、翌朝大阪に乗り込んでいる。しかし、今井議員はわざわざ前泊をした。そして、彼女が泊まったホテルの近くの駐車場には、橋本氏のGT‒Rが停めてあったのが確認されている。

「彼と会うために、わざわざ前泊しているのでしょうが、それなら、なぜ国分寺に帰って息子と触れ合わないのか」(同)

 これでは、選挙で述べた「子育て美談」がずいぶんと色あせて見えてしまうのである。

 そもそも、今井議員は、当初より勉強不足が指摘されてきた議員。当選直後、地元・沖縄の基地問題について問われ、「これから勉強します」と答えたのは語り草となっている。1年経っても、その「勉強」の成果は感じられないまま、一方で不倫という大いなる爪痕をお残しなのだから、国会議員としての自覚が足りないと言われてもやむをえまい。

「絵理子の出張は、政務で行っているわけですが」

 とは、先の芸能関係者。

「それでいて、同時に男とのデートも兼ねているのですから、公私混同でしょう。一般の会社で出張に行く際、自分の不倫相手を同伴していたら、どこでも問題になるでしょうからね」

1/3ページ

最終更新:8/8(火) 13:09
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売
「新潮45」毎月18日発売

「デイリー新潮」は「週刊新潮」と「新潮45」の記事を配信する総合ニュースサイトです。

Yahoo!ニュースからのお知らせ