ここから本文です

“ふたりの相撲レスラー”ヨコヅナと小錦の再会――フミ斎藤のプロレス読本#062【WWEマニア・ツアー編エピソード2】

8/8(火) 8:50配信

週刊SPA!

 199X年

 ショーン・ウォルトマンが階段を上がって“ハードロック・カフェ”のドアを開けると、店の奥のほうの大きなテーブル席に見慣れた顔が何人か座っているのがみえた。

 ヨコヅナ、サムー、タタンカ、ドインク。スーパーヘビー級のボーイズがみんなで仲よくきゅうくつそうにテーブルを囲み、チーズバーガーをほおばっていた。

 ショーンは、ウェートレスさんに合図をして、みんなが座っているテーブルのとなりに席を用意してもらった。

 ヨコヅナとサムーはイトコ同士で、ヨコヅナはグレート・コキーナのリングネームで、サムーはワイルド・サモアンの名でかつては新日本プロレスのレギュラー“ガイジン組”だった。

 新日本プロレスの外国人選手担当のタイガー服部レフェリーは、サモアン・コンビを「田舎のプレスリーだよ。地方に行くとあいつらの試合、バカ受けする」と話していた。ふたりとも巨漢だけど動きがよくて、ゴムボールが弾むようなみごとな受け身をとる、いわゆるバンプの達人である。

 タタンカとドインクはトーキョーは初めてなので、ヨコヅナたちにくっついていないとどうにもならない。いくら六本木は外国人が多い街といっても、体の大きなプロレスラーたちはやっぱり目立つ。

 食事をしているあいだじゅう、レストランのなかにいたほかのお客さんたちが彼らのサインをもらいに来た。

 だれもショーンにはサインをねだらない。洗いざらしのフラネルのシャツを着て、ベースボール・キャップをかぶったショーンは、たぶんフツーのアメリカ人にしかみえない。ヨコヅナあたりとくらべると体もまだ貧弱だ。

 でも、レストランやお酒を飲む場所でまわりの人たちからチヤホヤされなくても、そういうことはあまり気にならない。ショーンは、つい数年まえまではサインをもらう側だった。

「YO、キッード、これから飲みに行くけど、いっしょに来るか?」

 ヨコヅナの声は、超巨体に似合わずちょっと甲高い。

「飲みに行くって、もう飲んでるじゃない」

「コニシキーが迎えに来るんだ」

「だれ Who?」

「コニシキー。スモウ・レスラーの」

 ヨコヅナと大相撲の小錦は友だちだった。トーキョーに着いてからヨコヅナが小錦の携帯電話を鳴らしてみたら、すぐに連絡がついたのだという。

 ヨコヅナが小錦と知り合ったのはもう何年もまえのことで、コキーナだったヨコヅナが「アメリカに帰ったらスモウ・レスラーのギミックに変身しようかと思ってる」と恐る恐る小錦に相談すると、小錦は「それはグッド・アイディアだ!」とおもしろがってくれ、コキーナが滞在していた京王プラザホテルにわざわざホンモノのまわし、“小錦”の浴衣、手ぬぐいなどを届けてくれたのだという。

 “にせスモウ・レスラー”ヨコヅナと正真正銘の大相撲・元大関の小錦は、ふたりともサモア系アメリカン。日本には共通の友人もたくさんいる。小錦は、ヨコヅナのメインランドでの成功を喜んでいるらしい。

「もうすぐ、この店の下に来るよ」

 ヨコヅナは、小錦との再会を楽しみにしていた。

「ボク、ビガロと待ち合わせをしているから」

 ショーンは、ヨコヅナの誘いを、ほんとうはいっしょに行きたいんだけどね、という感じでていねいに断った。

 ショーンが大好物のチキン・ファヒータを食べ終えて店を出ると、20メートルほど先にある“ハードロック・カフェ”のオフィシャル・ショップのまわりに人だかりができていた。

 仕事帰りのサラリーマンと思われる男性グループ、若い女性グループ、学生っぽいグループ、カメラを首からぶら下げた外国人観光客らしきグループもいる。群集が小錦とヨコヅナのツーショットをとり囲んでいた。

 おのぼりさん気分のタタンカとドインクがハードロックのTシャツを買い込んでいるあいだ、ショップの外で立ち話をしていたふたりのスモウ・レスラーのまわりにいつのまにかたくさんの人びとが集まってきてしまったのだった。

 ショーンは、その様子をながめながら人だかりの後ろをすり抜けて“ミストラル”へ向かった。

 ほんの1時間まえまではガラガラだったバーのなかは、もうぎゅうぎゅうづめになっていた。入り口のところからなかをのぞいてみたが、ビガロの姿は見当たらない。どこか別のお店にでも行ってしまったのだろうか。

 ビガロは、体は大きいし、頭にはタトゥーなんか彫っているけれど、人一倍寂しがり屋で、独りでじっとしていることなんてできない。ショーンがなかなか戻ってこないので、急につまらなくなって帰ってしまったのだろう。

 ショーンは、5月の風にあたりながら、さっきタクシーで来た道をのんびりと歩いてホテルまで帰ることにした。(つづく)

※文中敬称略

※この連載は月~金で毎日更新されます

文/斎藤文彦 イラスト/おはつ

日刊SPA!

最終更新:8/8(火) 8:50
週刊SPA!

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊SPA!

扶桑社

2017年10月3日号
10月03日発売

¥400

・[若者の貧困]どん底ルポ
・AI時代に生き残る人・消える人の境界線
・本当は恐ろしいAIスピーカー
・20代女子が堕ちる[インスタ地獄]