ここから本文です

4年半ぶりオリジナルアルバム発売のV6 メンバーが全曲解説

8/9(水) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 オリジナルとしては、約4年半ぶりとなるアルバムを8月9日にリリースしたV6。そんなV6 のメンバーに、アルバム『The ONES』を全曲それぞれ解説してもらった。

M1 『never』
「“過去を振り返って今を生きる”がテーマ。時計の秒針音をメンバーが歌うところが、今までになくておもしろい」(坂本昌行)

M2 『刹那的Night』
「ぼくのプロデュース曲は、石野卓球さんに作詞・作曲をしていただけることになったので、曲の核となるようなミュージックビデオを作った」(岡田准一)

M3 『SOUZO』
「ファンクな曲でまさにSOUZOが膨らむ曲」(長野博)

M4 『Beautiful World』
「秦基博さんが作ってくれた曲で、秦さんの世界観の中にぼくたち6人が入りこんでいるような感じ。優しいメロディーで、今までになくさわやか」(森田剛)

M5 『Cloudy sky』
「本当に久しぶりに秋元(康)先生に詞を書いていただきました。歌詞に広がりがあってさわやかな曲」(坂本)

M6 『DOMINO』
「文字通り、ドミノのように崩れてゆく男女が描かれた楽曲」(三宅健)

M7 『Round & Round』
「歌詞のとおり、何が現実なのか?といった世界観で、プロデュースした」(長野)

M8 『Remember your love』
「いなくなってしまった彼女への喪失感を歌っている」(三宅)

M9 『会って話を』

「バンドにKIRINJI、コーラスにコトリンゴと2組のアーティストが参加。男の女々しさと本音を女子に感じてもらいたい」(井ノ原快彦)

M10 『Answer』
「6人がこの曲をシャウトしながら歌っている姿をイメージして、プロデュースした曲。自分の正解は他人が決めることではなく、自分自身が出した答えが正解!」(坂本)

M11 『Can’t Get Enough』
「デビューから20年以上たって、6人で踊る新たな方向性を見つけようとした曲」(岡田)

1/2ページ