ここから本文です

岡田有希子ファンイベントで24歳女性「今見ても可愛い」

8/9(水) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 1984年に16歳でデビューし、絶頂期の1986年に早世した永遠のアイドル、岡田有希子。今年は彼女の生誕50年(2017年8月22日)にあたり、その功績に改めて注目が集まっている。

 7月29日に名古屋、30日には東京都内でファンが集う「ファンミーティング」が行なわれた。7月29日は岡田のファンクラブが結成された大事な日であり、両会場には全国から抽選で招待された合計約200人のファンが集結。雑誌『平凡』の未公開カットの大判ポスターや本人直筆のイラストなどが展示された会場内は熱気に包まれ、当時を懐かしむ人の姿で溢れた。生前のスライド写真とともに貴重な初公演のステージ音源が流れると、多くの観客が感極まって涙した。

 東京会場にはゲストとして岡田の事務所の先輩で、堀越高校の同級生だった桑田靖子(49)が登場し、「ユッコ(岡田有希子の愛称)は子犬みたいな目をしていて、本当に可愛かった」と振り返った。また、岡田に楽曲を提供した竹内まりや、小室哲哉ら豪華な面々もコメントを寄せていた。

 ファンミーティングを企画したのは、中学2年生のときから彼女の大ファンだという山口悟氏(47)。名古屋市内で医師として働くかたわら、東海ラジオの番組スポンサーとなり、自らがパーソナリティーを務める岡田有希子トリビュート番組『ドットーレ山口のドキドキラジオ’84』を昨年4月からスタートさせた。山口氏の熱い想いに応える形でレコード会社や出版社が協力し、イベントが実現した。山口氏に想いを聞いた。

「彼女の存在は私にとって永遠の理想像であり、ヴィーナスと呼ぶべき唯一無二の存在です。辛い時には彼女の曲を聴き、いつも励まされてきました」

 ラジオ番組やファンイベントは、ファン同士の交流だけでなく、「彼女の存在を後世に伝える目的もある」(山口氏)という。実際に、会場には20代の若者の姿も散見された。女性の姿も多く、世代を超えて岡田有希子が愛されていることが窺える。

「歌っている姿や仕草から、真面目で一生懸命な気持ちがはっきり伝わってくる。いま見ても本当に可愛い」(24歳・女性)

 岡田有希子は、色褪せずにずっと輝き続けている。

※週刊ポスト2017年8月18・25日号