ここから本文です

「アン・シネ」小学校ではクラス委員長にならないと腹痛に

8/9(水) 6:00配信

SmartFLASH

「母親のイ・ヨンスクさんに話を聞いたのですが、幼少時はジャージャー麺を手で掴んで食べてしまうほど、お転婆だったそうです」と話すのは、「S-KOREA」編集部の李仁守さん。

 日本で大旋風を巻き起こしているアン・シネ(26)だが、小学生のころはかなりの負けず嫌いだったようで……。

「一番じゃないと気がすまず、クラスの委員長にならないと、お腹が痛くなっていたとか。だから、日本で結果を残せないとストレスが溜まるのでは、と心配していました」

 膝上30センチのミニスカがトレードマークの彼女だが、プロデビューしたころはネットで批判されたという。

「今でこそ韓国のゴルフ界は華やかですが、当時は見た目が男っぽい選手が多かった。ミニスカ姿で出場したシネは批判を浴びたが、ヨンスクさんは『どうせなら、かわいいスタイルで出場したほうがいい』と、応援したそうです。そのミニスカが、日本で話題になっていることに驚いていました」

 モデル並みのスタイル維持の秘訣は食事にある。

「母親が作った手料理も『シネはカロリーバランスを考えて、選んで食べるんです。シネが一家の大将』と、ヨンスクさんは笑っていました」

 日本食はお気に召しているというアン・シネ。次戦開催地では何を食すのか。
(週刊FLASH 2017年8月1日号)

最終更新:8/9(水) 6:00
SmartFLASH

Yahoo!ニュースからのお知らせ