ここから本文です

「次なるゴルフ界を支配する存在」 松山、念願のメジャー初制覇へ米メディアも期待

8/9(水) 9:55配信

THE ANSWER

米ゴルフ専門メディアが日本のエースを分析「初のメジャー優勝もそう遠くない」

 海外男子ゴルフの世界選手権シリーズ・ブリヂストン招待で優勝を果たした松山英樹(レクサス)。最終日はタイガー・ウッズ(米国)に並ぶ大会タイ記録の「61」をマークし、逆転Vを飾った。2013年大会でウッズと同組で回った松山が偉業を“再現”したことから、「次なるゴルフ界を支配する存在になるかもしれない」と賞賛している。米ゴルフ専門メディア「ゴルフダイジェスト・コム」が報じている。

【動画】コロコロと転がったボールはスライスしてピンに向かい、そして…PGA公式ツイッターが「なんてタッチだ!」と称賛した“神技チップインイーグル”の瞬間

 2位打差の4位で最終日を迎えた松山が見せた1イーグル、7バーディー、ノーボギーの「61」は、伝説の「タイガー・チャージ」を彷彿するものだった。記事では、その偉業を高く評価している。

「4年前に、マツヤマはファイアストーンにおけるタイガー・ウッズの61を最前列で観戦した。日曜日、彼はあのコースレコードに並んだ。WGCブリヂストン招待で5打差の優勝を果たし、彼が次なるゴルフ界を支配する存在になりえるのだと、全ての人々に想起させたのだ」

 メジャー通算14勝を誇るカリスマ不在のゴルフ界で、圧巻の「ヒデキ・チャージ」を見せた日本のエースを次なる帝王候補に挙げており、記事ではタイトルの可能性について「初のメジャー優勝もそう遠くない」と触れている。

 10日に開幕する全米プロゴルフ選手権で念願のメジャー初制覇へ――。米メディアの期待も高まり始めている。

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

最終更新:8/9(水) 12:46
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。