ここから本文です

大胸筋の内側を鍛え、たくましい胸板を作るエクササイズ

8/9(水) 20:30配信

MEN’S+

ウェイトプレートを使用して、男らしい胸板を作ってみよう。ワークアウトの仕上げに取り入れてみても良いかも。

【 動画 】 家でもジムでもでき、特別な器具は必要ない。

 この記事を読んでいるみなさんは、ベンチプレスなどのトレーニングについてある程度の知識があるだろう。今回紹介するエクササイズは、そんなみなさんにとっても、場所を選ばずにでき、たくましい胸板を作るために不可欠なものになるはずだ。 
 
 ベンチプレスを行うほとんどの男性は、大胸筋上部を鍛えるためのインクラインプレスも取り入れているだろう。また、胸の筋肉を最大限まで追い込もうとしている人なら、大胸筋下部を活性化させるデクラインプレスさえ取り入れているかもしれない。 
 
 ただし実際のところ、真ん中にラインのできる本当にたくましい胸板を手に入れたいなら、大胸筋の内側も鍛えなければならない。ケーブルクロスオーバーやダンベルフライなどのエクササイズは、しばしば見逃されるこういった部分を鍛えるのにぴったりだ。しかし、特別な器具を使う必要のない、よりシンプルなエクササイズもある。 
 
 今回の動画では、BPIスポーツおよびセンシブルミールのアスリートであるヴィクター・アロヨ氏(CBSの「ビッグブラザー」で見たことがある人もいるかもしれない)が、大胸筋の内側を鍛えるためのお気に入りのエクササイズを紹介してくれている。

 パーソナルトレーナーとしても活躍するアロヨ氏が教えてくれたのは、アイソメトリックプレートプレスというエクササイズ。この中で彼は、一般的なウェイトプレートを使用しているが、実際はこれなしでも十分な負荷をかけることができる。「いい意味で辛いエクササイズです」とアロヨ氏は語る。 
 
 次回の上半身のワークアウトには、最後の仕上げにこのエクササイズを取り入れてみよう。

Men's Health

最終更新:8/9(水) 20:30
MEN’S+

記事提供社からのご案内(外部サイト)

メンズクラブ

ハースト婦人画報社

2014年12月号
2014年10月24日発売

特別定価:810円

『メンズクラブ』は35歳中心の男性に向け、
リアルに使えて本当に似合う情報を
男性文化の薀蓄をもって提案する
使えるラグジュアリー読本です!