ここから本文です

ARTAがスーパーGT完全制覇で鈴木亜久里「突然“真夏“がきたみたい」

8/9(水) 13:01配信

WEB CARTOP

スーパーGT第5戦富士でGT500・GT300ともARTAがポール・トゥ・ウイン

 8月6日(日)、富士スピードウェイ(静岡県)では、2017 AUTOBACS SUPER GT第5戦「FUJI GT 300km RACE」の決勝レースが行なわれた。300km(富士のコースを66周)で行なわれたレースは、セーフティカーが出ることもなく、クリーンなレースであった。

両クラス制覇のドライバー画像ほか

 このシリーズ第5戦。GT500クラスは、No.8 ARTA NSX-GT(野尻智紀/小林崇志)、GT300クラスはNo.55 ARTA BMW M6 GT3(高木真一/ショーン・ウォーキンショー)が、そろってポールポジションから今季初勝利を果たした。ARTAが両クラスを制したことは以前(2013年の第4戦菅生)にもあったが、GT500/GT300のダブルでのポール・トゥ・ウィンは今回が初めて。今年で20年となるARTA(オートバックス・レーシング・チーム・アグリ)発足以来の快挙となる。

 ARTAの鈴木亜久里監督は「夏が来ているけれど、突然“真夏”がきたみたい(つまり、冬の時代が長かった)」と、突然の電話インタビューに、そうコメントしてくれた。ちょうど、お盆ということで、6年前に亡くなった正士(実父)さんのお墓参り中の電話だったが、その父親の墓前に報告をしたところだという。

 エグゼクティブ・プロデューサーとして、ARTAと鈴木亜久里監督を常に手助けしている土屋圭市さんも、もちろんその富士の現場で4人の走りを見ており、今回のこの大勝利に大喜びだという。

 今シーズンのSUPER GTは、GT500クラスの全車が新型車両となったわけだが、とりわけレクサスのLC500勢の強さが目立つシーズンであった。開幕戦岡山のトップ6独占から始まり、第2戦富士でも表彰台独占。その後は、表彰台独占は免れたものの、開幕4連勝の負けなし状態が続いていた。シーズンも折り返しとなったこの第5戦富士で、その快進撃を止めたのが、まさにARTAだったのだ。

 また、GT300クラスでは、No.55 ARTA BMW M6 GT3(高木真一/ショーン・ウォーキンショー)は、昨年の第5戦富士以来の優勝。高木選手はGT300クラス通算18勝となって、同率でクラス最多勝ドライバーとなった。

 全8戦で行なわれるSUPER GTシリーズ。次は鈴鹿1000kmレース。GTの一戦に組み込まれる前から開催している耐久レース(初開催は1966年)で、次年度からは鈴鹿10時間耐久レースとして生まれ変わることが発表されており、鈴鹿1000kmレースという名称自体は今回が最後。この最後の1000kmレースでのARTAの活躍も期待したい。

青山義明

最終更新:8/9(水) 13:01
WEB CARTOP

記事提供社からのご案内(外部サイト)

クルマの「知りたい」を完全網羅
新車試乗・最新技術・お役立ち情報 etc……
すべてがわかる自動車メディアの決定版