ここから本文です

アマゾンが自社製スマートフォンに再挑戦すべき「3つの理由」

8/9(水) 12:20配信

WIRED.jp

人工知能を用いた音声アシスタントで先行しているアマゾンが優位を保つには、自社製スマートフォンに再挑戦すべきだ。実際、そうなっても不思議ではない「3つの理由」について説明しよう。

「アマゾンがもたらす未来」とは?7本のストーリーから読み解く

アマゾンが自社製スマートフォン「Fire Phone」の生産中止を決断した[関連記事]とき、すでに8,300万ドル相当の在庫がほこりをかぶっていた。2年契約の価格が1ドルを切っていたにもかかわらずだ。おそらくジェフ・ベゾスにとって、スマートフォン市場で足場を築きそびれたことはキャリア最大の汚点だろう。なにしろスマートフォンは、この数十年に登場したなかで最も重要な消費者向け製品なのだから。

あれから3年足らず。そろそろ再挑戦のときだ。確かに1度目はやけどを負ったし、その後、競争はさらに激化している。それでも前回の失敗を繰り返さなければ、リスクを上回る利益が期待できる。

スマートフォンを「Alexa」の家に

Fire Phoneの失敗によってアマゾンが失ったものは、アイオワ州のGDPに匹敵する金銭だけではない。同社は、モバイル世代のユーザーを獲得し、ショッピングサイトからプラットフォームへと進化する機会をも失ってしまった。だが、たとえFire Phoneがもっと手ごろなスマートフォンだったとしても、発売が遅すぎたのは事実だ。当時の市場ではすでに、iOSとAndroidが足場を固めていた。

アマゾンは現在、音声入力の分野で他社を大きく引き離している。音声は、いまの時代を象徴する消費者向けの技術だ。しかし、自社のスマートフォンがない現状では、せっかく築いたリードが無駄になってしまうだろう。せっかくの音声アシスタントも、家の外に連れ出すことができなければあまり意味がない。これが1つ目の理由である。

AlexaはすでにiOSとAndroidに対応しているが、まずは「Amazonアプリ」を起動しなければならない。最新の「HTC U11」はハンズフリーでAlexaを起動できるが、その機能は制限されている[関連記事]。ジャックドー・リサーチの創業者ジャン・ドーソンは、「Alexaがサードパーティーのスマートフォンで優遇されることは決してないでしょう」と話す。

しかし、自社のスマートフォンとなれば話は別だ。Alexaを使うほど、Alexaは賢くなり、Alexaが賢くなれば、もっとAlexaを使う、という好循環が生まれるはずだ。現状でAlexaは、ユーザーが家の外で何をしているかを知らないが、それは長期的にはAlexaを、タンパク質を知らない料理本のような存在にしてしまうだろう。

フォレスター・リサーチのモバイルアナリスト、マイケル・フェイスマイアは、「彼らにとっては交通整理ゲームのようなものです」と話す。「サーヴィスを機能させるには、話し言葉から書き言葉、書き言葉から意図という手順を踏む必要があります。要領をつかむには、やり取りを繰り返すしかありません。データが増えるほど、改良されていくのです」

ユーザーがキッチンタイマーをセットするのを何千回と記録するだけでは、改善にはつながらない。Alexaが最大の能力を発揮するにはやはり、ユーザーのあらゆる体験を理解する必要がある。そうしなければ、「Siri」や「Google Assistant」に後れを取ってしまうだろう。Alexaがスマートフォンの端役ではなく主役の座を得るには、アマゾンにできることは1つしかない。

1/3ページ

最終更新:8/9(水) 12:20
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.29』

コンデナスト・ジャパン

2017年9月11日発売

630円(税込み)

『WIRED』VOL.29は1冊まるごとアフリカ大特集!「African freestyle ワイアード、アフリカにいく」南アフリカ、ルワンダ、ケニア etc