ここから本文です

やせたいなら「自炊」! 料理ビギナーもできる「レンチン糖質オフダイエット」

8/9(水) 21:30配信

エイ出版社

ダイエットするなら外食より断然、自炊!

外食は一般的に、糖質が高いものばかり。なので、ダイエッターにとっては外食は便利だけれど、かなり危険。せっかく運動したのも食事であっという間に台なし!……なんて、残念すぎる。

ダイエット中の外食、何を食べれば正解? 糖質を抑える外食選びのポイント

というわけで、ダイエットには「自炊」が一番コントロールがきいて楽チン。ここでは料理は初心者、というダイエッターでも気軽に挑戦できる、ダイエットごはんづくりのコツをご紹介しよう。自炊の習慣がない人でも安心の、電子レンジ調理だから、気軽にトライ!

ラクしてやせたいならまずは食べ物から!

「食事のガマンは耐えられないので、私は運動してやせる!」という人。実はやせたと実感するほど、運動を頑張るのはとっても大変! たとえばカツカレーを食べた分のカロリーを消費するには、計算するとプールで1時間クロールし続けないといけない(参考:『痩せグセの法則』)。「ラクにやせる」には、実は自炊が一番近道なのだ。

レッツ糖質オフ自炊! 食材はこんなものを

まずは糖質量の多い食品をピックアップ(写真上)。お菓子類に含まれる砂糖はもちろん、穀類や芋類に含まれるでんぷんも糖質量を上げる原因に。どれもおいしいけれど、とりすぎには注意したい。

穀類……ご飯、パン、麺類、シリアル、薄力粉など
芋類……さつま芋、じゃが芋、里芋など。★こんにゃく、しらたきは糖質量が少ない
果物……バナナ、オレンジ、ドライフルーツなど。★アボカドは糖質量が少ない
菓子類……ケーキ、スナック菓子など
その他、かぼちゃ、とうもろこし、にんじん、牛乳なども要注意の食材だ。

では逆に、すすんで摂りたい糖質量の少ない食品は?(写真下)

肉類……牛肉、豚肉、鶏肉やハム、ベーコンなど肉加工品
魚介類……魚類、貝類、甲殻類など。★練り製品は糖質量が多い
大豆製品……豆腐、厚揚げ、油揚げ、高野豆腐、納豆など
青菜……ほうれん草、小松菜、青梗菜など
きのこ類……えのきだけ、エリンギ、しいたけ、しめじなど

その他、卵も糖質が低い食材。もやし、ズッキーニ、わかめ、昆布、チーズ、しょうゆ、みそなども該当する。

たんぱく質を多く含む食材や緑の野菜、きのこ類は糖質量が少ないので糖質オフにおすすめだ。肉や魚はどれも低糖質だが、肉なら赤身肉やささみ、魚なら青背のものを選ぶと、よりダイエット効果がアップする。

1/2ページ

最終更新:8/9(水) 21:30
エイ出版社