ここから本文です

美男美女の遺伝子を受け継いだセレブキッズのデイリーな私服ファッション。

8/9(水) 17:43配信

VOGUE JAPAN

ついこの前誕生したばかり、と思っていたセレブの子どもたちだが、今ではすっかり成長しキッズファッションを楽しむ年齢に。トレンドもハイファッションからアスレジャー風など、時代に合わせて変化しているよう。

エヴァ・アンダーソン 子どもらしさの中に凛とした美しさが光る清楚なブルー。

スリ・クルーズ 親友と色違いで楽しむ、上品なギンガムチェック。

カナダのモントリオールで撮影に入る母ケイティ・ホームズとともに現地入りしたスリ。11歳になり子供というより、すっかり少女らしくなった彼女は親友とペアルックで街へ。ギンガムチェックのトップにフレアスカート、帽子をマッチさせ、はいかにもハイソサエティの子どもといった気品を漂わせている。

ハーパー・セブン・ベッカム シンプルな単色ドレスは、ママの好み!?

ベッカム家のハーパーも6歳に! スキーからサッカーまで普段はトムボーイのような生活をしている彼女だけど、お出かけのときはデビッド同様、完全にヴィクトリアママのテイストでコーディネートされている模様。L.A.の空港に降り立ったこの日も、ピュアなホワイトドレスにグッチ(GUCCI)のフラットシューズ、さらにバーバリー(BURBERRY)のバックパックと、さりげなく全身ハイファッションで固めた。ここまで徹底しておしゃれを貫くセレブキッズは今はとても少ないので、逆に貴重!

ハーロウ・マッデン 西海岸の定番ショートパンツで夏を制覇!

母ニコール・リッチーが15年以上前から定番として取り入れていたデニムショーツは、西海岸から東海岸へと広がり、今やアメリカ中の女性たちの夏の定番となっている。ニコールの9歳の娘ハーロウも、そんなママのDNAを受け継ぎタンクトップ&デニムショーツでお出かけ。親子でペアコーデだが、足もとはアディダス(ADIDAS)のスニーカーで変化をつけて。

エヴァリー・テイタム 4歳にしてボヘミアンファッションをマスター!?

チャニング・テイタムとジェナ・ディーワンの4歳になる娘エヴァリーは、ボーホースタイルが得意なママに倣ってリラックスしたワンピース姿を披露。ターコイズブルーのペンダントで、コーディネートにアクセントをつけている。足もとは歩きやすさを重視してサンダルではなく敢えてスニーカーに。

Text: Rieko Shibazaki

最終更新:8/10(木) 12:49
VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2017年11月号
2017年9月28日発売

700円(税込み)

イットガール、ジジ・ハディッドが、『VOGUE JAPAN』表紙&ファッションストーリーに登場!