ここから本文です

世界初の「ジェンダーレス絵文字」は、性別に対する先入観を打破できるか

8/9(水) 18:32配信

WIRED.jp

目と鼻と口だけの丸顔はジェンダーレスな絵文字とは言えない。わたしたちには、特徴のない顔を「男」として認識する隠れたバイアスがあるからだ。そこでアドビのフォントデザイナーであるポール・ハントは数カ月の調査を経て、3種類の「ジェンダーレスな絵文字」を生み出した。

ことばに潜む「性差別」を浮き彫りにする「新しい漢字」

アドビのフォントデザイナー、ポール・ハントは、文字の基本要素をつくることに業務時間の大半を費やしている。フォントは、ページにある言葉以上のことを伝えるものだ。弧や曲線、膨らみ、尖り具合によって、メッセージの受け取られ方が変わる。

そしてハントは近頃、自身のグラフィックデザインの専門知識を、まったく違うアイデンティティーの問題に振り向けるようになった。それは「性別」である。

文字コードの業界規格であるユニコードの最新ヴァージョンとなる「Unicode 10.0」が、は2017年6月20日(米国時間)にリリースされた。そこにはもちろん、新しい絵文字も含まれている。

最新ヴァージョンの絵文字は、期待を裏切らない内容だった。常々あったらいいなと思っていた絵文字(「口を開けて吐いている顔」や「団子」)や、欲しかったとは気づいていなかったもの(「人魚」や「竜脚類」)に加えて、ハントがユニコード絵文字委員会のメンバーとして1年半かけて作成した絵文字が3つ入っている。シンプルに「子ども」「大人」「老人」と名付けられたその作品は、世界初のジェンダーレス絵文字だ。

絵文字の見た目に関する「隠れたバイアス」

絵文字のなかには、すでにジェンダーレスなものがいくつかあると思った読者もいるのではないだろうか。実はそうでもない。ウインクしたり、しかめ面をしたり、泣き笑いしたりしている黄色くて丸い顔は、よく見ると男性だ。ハントはオンライン調査の結果から、「われわれの文化では、特に特徴のない顔の画像を男性と捉える傾向がある」ことがわかったと言う。

一方、絵文字ではっきりと女性や女の子を表す場合は極端な描写がされる。目を愛らしくクリクリさせ、口紅を塗り、ヘアスタイルに工夫を施して、女性のように見える絵を描くのだ。性別はどちらか一方とは限らないと思っている人、あるいは特定の性のアイデンティティーは必要ないと考える人には、よい選択肢はなかった。

ハントは、2016年秋にワシントン州レッドモンドで開催されたユニコードの会合で、初めて自身のスケッチをほかの委員に披露した。それは彼がもつ両性具有の概念を踏襲し、ヘアスタイルは内巻きのボブ、唇は薄く、睫毛もなかった。それでも同僚たちは、その顔を見て男性だと言った。

そこでハントは、数カ月をかけて性別についてのバイアスを調査した。その調査でわかったことを新しいデザインに組み入れ、「ジェンダーノンコンフォーミング」(男女の性どちらにもあてはまらない)な友人や同僚に見せて意見をもらった。

髪をもっと乱してみようか? いや、それだと少年風になりすぎる。では少し長くしてみようか? そうだ、このほうがイメージに近づく。そうしてようやく、ハントはうまく機能しそうなものに行き着いた。ほんの少し耳の後ろから毛がのぞくくらいのショートカット、ピクシーカットに似た髪型だった。ハントはこれを採用して「子ども」と「大人」、「高齢者」の絵文字をつくった。そして2016年11月に行われた投票で、これらはユニコードのヴァージョン10.0に含まれることになったのだ。

1/2ページ

最終更新:8/9(水) 18:32
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.28』

コンデナスト・ジャパン

2017年6月8日発売

630円(税込み)

特集「Making Things ものづくりの未来」。大量生産、大量消費の時代が終わりを迎えるなか、ヒトはいかにものと向き合い、それをつくり、使っていくのか。