ここから本文です

SKE48 須田亜香里、ベッドに潜り男子を魅了「こうでもしないと、私たち何もないままでしょ?」

8/9(水) 12:38配信

リアルサウンド

 『AKBINGO!』(日本テレビ系)の8月8日放送分では、前週に引き続き「出張Kyun-1グランプリ」の後半がオンエアされ、AKB48、チーム8、SKE48の各メンバーが初めて男子の部屋に潜入する模様などが映し出された。

 同企画は、大学の男子寮に潜入したAKB48、チーム8、SKE48のメンバーが、胸キュンワードで男子大学生をときめかせ、一番カワイイチームを決めるというもの。SKE48の須田亜香里が、最初のお題「彼氏の部屋をサプライズ訪問し胸キュンさせる一言」に挑戦。撮影は実際の男子生徒の部屋で行われ、須田は「ど~こだ……ここだよ!」と言いながら部屋に置かれた机の下から登場するテクニックを披露。続けてベッドの中に潜り込むと、「こうでもしないと、私たち何もないままでしょ?」と大胆な行動をとり、男子生徒の心を鷲掴みにした。

 続けて、部屋の主である男子生徒を呼び込み、須田と生徒が対面する形で胸キュンワードに挑戦。ベットに腰掛けた男子生徒に向かって須田が「緊張してるでしょ?」と言うと、別の場所からふたりの様子を見ていたMCのウーマンラッシュアワー村本大輔がただならぬ雰囲気を察知し、「ストップストップ!」と止めに入る。「彼氏なんですよね?」と設定を再確認する一幕も。気を取り直して再び挑戦した須田が、面と向かって「これからもず~っと一緒にいようね」と胸キュンワードを投げかけると、男子生徒は照れながらも嬉しそうな笑みを浮かべた。

 番組の最後、大学でアメフト部のキャプテンをしているという男子生徒(影山くん)の指名で、エンディングの胸キュンワードを求められた須田。おもむろに「耳を貸して」と言いながら男子生徒の耳元に顔を寄せ、「頑張ってる影山くんが大好きだよ」とつぶやき、企画の締めを飾った。

 8月15日の次回放送では、SKE48の新世代メンバーがゲスト出演し、AKB48と真剣勝負をする模様がオンエアされる予定だ。

向原康太

最終更新:8/9(水) 12:38
リアルサウンド