ここから本文です

21世紀最高の「攻撃トリオ」は誰だ!? MSN、BBCのほか、香川らドルトムント勢も堂々選出

8/9(水) 21:04配信

Football ZONE web

英メディアがトップ10を発表 香川&ゲッツェ&レバンドフスキのユニットは…

 歴代最高の「攻撃トリオ」と言えば、あなたは一体どれだけの組み合わせが頭に浮かぶだろうか。近年ではバルセロナを欧州の頂点に導いた最強トリオ「MSN」やレアル・マドリードの「BBC」が有名だが、過去にも印象的な攻撃ユニットは数多く存在している。英サッカー情報メディア「Squawka」は、トップ10のランキング形式で「21世紀最高の3人」を格付け。日本代表MF香川真司も選出されている。

【画像】メッシ、ロナウジーニョ、ネイマールが並ぶ、“MRNトリオ”の貴重なスリーショット!

 香川を含む攻撃ユニットは堂々6位に選ばれた。ブンデスリーガ連覇を果たした当時の香川、マリオ・ゲッツェ、ロベルト・レバンドフスキという前線の強力トリオは、ジョゼ・モウリーニョ監督第1期のチェルシーを支えたディディエ・ドログバ、アリエン・ロッベン、ダミアン・ダフ(10位)や、ACミランで実現したカカ、アンドリー・シェフチェンコ、エルナン・クレスポ(8位)などを上回った。

「BBC」と称され、史上初のUEFAチャンピオンズリーグ連覇を成し遂げた現チームの看板3トップ、ギャレス・ベイル、カリム・ベンゼマ、クリスティアーノ・ロナウドは4位となった。2007年から09年にかけて、マンチェスター・ユナイテッドで実現したC・ロナウド、カルロス・テベス、ウェイン・ルーニーの3人が3位となっている。

 そしてワンツーフィニッシュを飾ったのはバルセロナだ。2位は2010年から13年に在籍したリオネル・メッシ、ダビド・ビジャ、ペドロ・ロドリゲスの3人。そしてナンバーワンの座は「MSN」として知られるメッシ、ルイス・スアレス、ネイマールの3トップとなった。

バルサ勢は4組がランクイン

 バルセロナからはロナウジーニョ、メッシ、サミュエル・エトーという2004から07年に君臨した3トップ(9位)と、ジョゼップ・グアルディオラ監督の下でスペイン勢初の三冠(リーガ、国王杯、CL)を達成した当時のメッシ、エトー、ティエリ・アンリという3トップもランクインするなど、トップ10のうち4組が選ばれる結果となった。

 トップ10は以下の通り。

10位 ディディエ・ドログバ、アリエン・ロッベン、ダミアン・ダフ(チェルシー/2004~06年)
9位 ロナウジーニョ、リオネル・メッシ、サミュエル・エトー(バルセロナ/2004~07年)
8位 カカ、アンドリー・シェフチェンコ、エルナン・クレスポ(ACミラン/2004~05年)
7位 アリエン・ロッベン、マリオ・マンジュキッチ、フランク・リベリー(バイエルン・ミュンヘン/2012~14年)
6位 香川真司、マリオ・ゲッツェ、ロベルト・レバンドフスキ(ドルトムント/2010~12年)
5位 メッシ、エトー、ティエリ・アンリ(バルセロナ/2007~09年)
4位 ギャレス・ベイル、カリム・ベンゼマ、クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード/2013年~)
3位 C・ロナウド、カルロス・テベス、ウェイン・ルーニー(マンチェスター・ユナイテッド/2007~09年)
2位 メッシ、ダビド・ビジャ、ペドロ・ロドリゲス(バルセロナ/2010~13年)
1位 メッシ、ルイス・スアレス、ネイマール(バルセロナ/2014~17年)

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/9(水) 21:04
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新