ここから本文です

リアル店舗強化のシャオミ「世界5位」のスマホメーカーに復権

8/9(水) 11:00配信

Forbes JAPAN

中国のスマートフォンメーカー、シャオミ(小米)は約2年の間、売上の低迷に苦しんだが、ようやく復調の兆しを見せている。2017年の第2四半期に、シャオミは出荷台数ベースで世界のスマホメーカーのトップ5圏内に返り咲いた。



調査企業CanalysやIDCらのデータによるとシャオミの四半期あたりの端末出荷台数は、前年同期から約59%の増加となった。同社の創業者のレイ・ジュンは7月の決算発表の声明で「2年間に及ぶ戦略転換が実を結び、ようやく売上を回復軌道に載せることができた」と述べた。

IDCのデータによると今年の第2四半期の各スマホメーカーの出荷台数は、世界1位のサムスンが7980万台。2位のアップルが4100万台、3位のファーウェイが3850万台。4位のOPPO が2780万台。シャオミは2120万台で5位に入った。

かつてネットを通じたフラッシュマーケティングにより、スマホ業界の旗手となったシャオミは、競合との競争に破れ売上を前年度比で40%も減少させた。OPPOやVivo等の競合がリアル店舗の販売で売上を増す中で、シャオミの苦戦は明らかだった。

シャオミはこれに対抗する措置として自社製のPineconeチップを開発し、ベゼルレスの高級端末でかつての「安価なスマホメーカー」とのイメージを払拭。また、インドでのブランドの認知度向上に務めた。

Counterpoint Researchのデータによるとシャオミは現在、インドのスマホ市場で15.5%のシェアを持ち、シェア24%のサムスンに次いでインドで2位のスマホメーカーだ。しかし、シャオミの復権の最大の要因となったのは、オンラインの販売戦略の見直しだった。同社は「Mi Home」と名付けたアップルストア的位置づけのリアル店舗を、2019年までに世界2000店舗に拡大しようとしている。

シャオミは中国での店舗数目標を1000店舗としており、2021年までに実店舗売上100億ドルの達成を目標としている。これは1店舗あたりの売上が年間1000万ドルに達することを意味し、かなり高いハードルと言える。

しかし、シャオミの戦略転換は既に実績をあげている。Canalysのデータではシャオミは今年の第1四半期に中国で890万台のスマホを出荷しており、新規に出店した店舗からの売上が約34%に達した。また、北京に開設した旗艦店の売上は月間で150万ドルを突破している。

1/2ページ

最終更新:8/9(水) 11:00
Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN
2017年11月号

株式会社アトミックスメディア

2017年11月号
9月25日(月)発売

890円(税込)

成功のヒントはフォーブスにあり!
Forbes JAPAN 無料会員に登録すると、すべての記事が読み放題。MY PAGEで記事の保存や閲覧履歴チェック、限定プレゼントへの応募も可能に。