ここから本文です

悪童バロテッリがスピード違反で検挙!「奴らはいつもゴミ」と報道に反論…

8/9(水) 17:16配信

SOCCER DIGEST Web

対応した警察はバロテッリの態度に……。

 サッカー屈指の悪童を改心させるのは、もう無理なのかもしれない……。現地時間8月8日、イタリア代表FWのマリオ・バロテッリが母国イタリアでのスピード違反によって警察に検挙されていたことが判明した。『フットボール・イタリア』など複数の現地メディアが報じている。
 
 バロテッリが御用になったのは、現地時間8月5日の土曜日。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、イタリア北部のビチェンツァ付近にある高速道路で友人のフェラーリを乗り回して、200キロ以上のスピード出して爆走したという。
 
 対処に当たったビチェンツァ警察は、実際の速度こそ明言しなかったが、バロテッリたちがかなりのスピードを出していたため、「ガソリンスタンドで給油している間に止めた」と話し、罰金と5点の罰点を下したと発言。しかし、同警察の広報は、「今回のバロテッリは警察に謝罪し、おとなしく処分を受け入れた」と明かしている。
 
 警察が「今回は」と発言している通り、バロテッリは過去にも同じ高速道路で交通違反を繰り返している。フットボール・イタリアによれば、2012年からの2年間で計18点も罰点を受けているという。
 
 しかし、本人は今回の一連の報道に関して不満を漏らしている。バロテッリは事件が明るみになった8日に自身のインスタグラムで動画を公開し、「俺が捕まったのは確かだが、話は誇張されている」とコメントを残している。
 
「何が羨ましいんだろうな。車なのか? 俺にはわからない。警察のチェックは普通だったし、落ち着いて帰った。イタリアの新聞はいつもゴミみたいだ。なんでも話をでっち上げる。本当か嘘かも確認しない恥知らずたちさ。俺を妬むイタリアの連中はいつまでたっても変わらない。フランスは快適? 実に快適だ」
 
 バロテッリは、事件翌日の8月6日に行なわれたリーグ・アン開幕戦(サンテティエンヌ)はコンディション不良で欠場したものの、今回の一件に関してはとくにお咎めもなく、チーム練習には問題なく参加している。
 
 昨シーズンはリーグ・アンでキャリアハイとなる15ゴールをマークして復活を印象付けたバロテッリ。本人はメディアの過剰報道を否定したとはいえ、プライベートでの素行不良を正せば、より優れたストライカーにならない気もしなくはないが……。

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち


 

最終更新:8/9(水) 17:17
SOCCER DIGEST Web