ここから本文です

コレド室町で手に入る!レストラン「茅乃舎」発の“こだわり出汁”に注目

8/9(水) 17:00配信

東京ウォーカー

手みやげといえば、旬のスイーツや老舗の菓子が頭に浮かぶ。ちょっとマンネリ化してきたら、レストラン発のこだわりのダシはどうだろう?

【写真を見る】巨大な醤油樽が印象的。導線もゆったりしているので、ゆっくりと商品を見ることができる

コレド室町3にある「茅乃舎 コレド室町 日本橋店」は、福岡のレストラン「茅乃舎」によるダシと調味料の専門店。はじまりは、家でもレストランと同じ味を作りたいというお客からの声。「手間ひまかけたものはやっぱりいいけれど、毎日余裕はない。そんな人のために、職人が丹誠込めて作ったダシを手軽に楽しめるようオープンしました」と、店長の韮沢(にらさわ)さん。

茅乃舎のルーツは、福岡で明治26年に誕生した小さな醤油蔵。店内にもそれを思わせる大きな醤油樽がレイアウトされている。同店のダシは素材を粉砕してパックに詰めているため、1~2分煮出すだけで手軽にダシを取れるのが特徴。看板商品はもちろん、レストランの料理長が配合した「茅乃舎だし」(30袋入り、1944円)だ。

素材は国産の真昆布と鰹節、うるめいわし、焼きあご(トビウオ)の4つ。「下味として少しの海塩と醤油が入っており、手軽に本格的な和食の味を出すことができます。化学調味料や保存料は使用せず素材の粉末のみで作っているため、袋を破ってタレや和え物の調味料としても使えるのが魅力ですね」と韮沢さんは話す。

また同店の特徴は、すべての商品を試食できること。店に本格的なキッチンを構え、レシピの提案やダシの使い方などもスタッフに聞くことができる。「調理中ではないものでも、お声がけいただければお出しします。ぜひ気軽におっしゃってくださいね」(韮沢さん)。

なかでも手みやげとして人気なのが、パッケージに東京名物が描かれた「東京限定箱 茅乃舎だし」(1620円)。東京の人になじみ深い料理を紹介したレシピ本もセットになっており、保存方法からダシの取り方まで丁寧に解説されているのがうれしいところ。またセットだけでなく、好きなダシや調味料を選んでギフトボックスに入れることも可能なので、渡す人の好みによってチョイスしてみてはどうだろう。

ダシだけでなく、商品のラインナップは味噌や醤油、めんつゆと多彩だ。「焙煎ごまだれ」(756円)やフルーティな「飲む酢」(1188円)も人気の一品。こちらと組み合わせて、オリジナルのギフトとして贈るのもおすすめ。

記者も取材時に茅乃舎だしを試飲させてもらったが、ダシをそのまま飲むだけでも、とっても美味。香り高く、旨味がぎゅっと詰まったダシは心と体をほっと温めてくれた。ダシは長く保存がきき、年齢を選ばないところもいい。ぜひ、大切な人への手みやげに選んでみてはいかがだろう。

最終更新:8/9(水) 17:00
東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

今日のカレーなんにする?
夏、カレー!この一冊で全網羅
イベント&スポット総数60軒
この夏、絶対したいこと。