ここから本文です

“パクチーの日”に食べたい!生パクチー入り「フレーバーポテト」に注目

2017/8/9(水) 7:00配信

東京ウォーカー

8月9日はパクチーの日。パクチーが大好きな“パクチニスト”にこそ味わってほしい「フレーバーポテト」が、この夏ファーストキッチン・ウェンディーズにて販売されている。

【写真を見る】袋を振るほどパクチーの香りがアップ!

「フレーバーポテト」と言えば、バラエティに富んだ味わいが展開されている、ファーストキッチンの人気商品。だが、今回紹介する「パクチー&レモン味ポテト」(Mサイズ330円、Lサイズ380円、箱ポテ500円)は他の商品とは一味違う。フレーバーだけでなく、国産の生パクチーそのものをトッピングしているのだ。

同商品に使用しているのは、静岡県藤枝市の御殿谷農園で栽培されている、磐青パクチー。同社の担当者によると、夏場のパクチーは香りが飛びやすいものが多いが、この品種は夏でも香りが強いという。

袋をよく振ってから開けてみると、パクチー特有の香りが充満!さすが生のパクチーを使用しているだけあり、フレッシュな風味と茎のシャキシャキした食感を、存分に楽しめる。そこにレモンの爽やかな酸味が重なり、後を引くおいしさだ。

なお、ファーストキッチン・ウェンディーズでは、人気のプレッツェルバーガーをベースとした夏向けの商品「チリシリーズ」を販売中。その中の1つ「プレッツェルチリアボカドパクチーバーガー」(単品820円)にも、同様のパクチーが使用されている。

こだわりの国産生パクチーが豊かに香る、ファーストキッチン・ウェンディーズの自信作をこの夏ぜひご賞味あれ!【ウォーカープラス編集部/水梨かおる】

最終更新:2017/8/9(水) 7:00
東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

あったかい東京下町
はじめての「落語」ガイド
筧美和子、デコラティブ喫茶へ
冬はネコに会いに行きたい