ここから本文です

山崎賢人が日9出演「この役に巡り会えてとてもうれしい」

8/9(水) 4:00配信

ザテレビジョン

TBSで今年10月期に放送する日曜劇場「陸王」(TBS系)に、山崎賢人が出演することが決定した。

【写真を見る】足袋作りの工程を見学する山崎

本作の原作は、池井戸潤の「陸王」(集英社刊)。創業から100年以上続く老舗足袋業者「こはぜ屋」の四代目社長・宮沢紘一(役所広司)が、企業再生のために奮闘する姿を描く物語だ。

山崎が演じるのは、紘一の長男・宮沢大地。一見飽きっぽく無責任な大智は、大学卒業後、就職活動するものの失敗し、就職活動の傍ら「こばせ屋」の手伝いをする。

ドラマでは、経営を見直すため、マラソン足袋「陸王」の開発をスタートさせた父親をはじめ、プライドを持って仕事をする従業員の姿を目の当たりにした大地自身が成長していく姿も描かれる。やがて、大地は「陸王」のソール部分に使われる特許「シルクレイ」の生産を任されるようになるが、無事に生産するまでに立ちはだかるいくつもの困難に向き合っていく。

山崎が一体どのように大地を演じるのか注目だ。山崎賢人のコメントは以下の通り。

■ 山崎賢人コメント

宮沢大地と同じ23歳になる年に、この役に巡り会えてとてもうれしいです。熱意もなく、自分が本当にやりたいことも分からず悶々(もんもん)としている中で、こはぜ屋の人たちが持つ情熱や義理人情に触れて、大地がどう変わっていくのか。そのさまがこれから社会に出ていく皆さまの力になることを願っています。

足袋作り百年ののれんを掲げるこはぜ屋。その伝統を背負いながら挑戦をやめない親父の背中から、いろんなものを感じて、大地として生きていきたいと思います。

■ ドラマ化記念の田んぼアートが!

また、物語の舞台である「こはぜ屋」が創業以来営業を続けている埼玉・行田市で、「陸王」のドラマ化を記念した田んぼアートが実現! 面積は約1万平方m(1ヘクタール)で、付近の展望台から俯瞰することができる。

記事提供社からのご案内(外部サイト)