ここから本文です

ミラン、11人目の新戦力は香川真司の元同僚FWか? 今夏すでに247億円を投資

8/9(水) 12:00配信

フットボールチャンネル

 ミランはラツィオに所属するイタリア代表FWチーロ・インモービレに興味を持っているようだ。8日付けの伊メディア『Mediaset』が報じている。

【動画】やはり危険な技だった! キャプ翼必殺シュート挑戦

 同メディアによると、ミランはインモービレを獲得リストに挙げており間もなくオファーを出すと伝えている。27歳のイタリア代表は2014年から2016年1月までドルトムントに所属し日本代表MF香川真司と一緒にプレーをしていた。なお、昨季はラツィオで公式戦41試合に出場し26得点を挙げていた。

 今夏のミランは積極補強が目立つ。既に1億9000万ユーロ(約247億円)を投資し10人の新戦力を確保しているがミランのマルコ・ファッソーネSD(スポーツディレクター)はさらにもう一人ストライカー獲得を公言している。

 なお、インモービレの他に候補としてチェルシーのスペイン代表FWジエゴ・コスタやトリノのイタリア代表FWアンドレア・ベロッティの名前が挙がっている。この中から11人目の新戦力が出てくるのだろうか。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)