ここから本文です

世界No.1起業家の行動に見る、億の利益を得るための2つのポイント

8/10(木) 18:00配信

マネーポストWEB

 成功者にはいくつもの共通点がある。それは起業家であっても、投資家であっても同じで、そこには成功者ならではのメンタリティがある。今回は自身も億単位の利益を出し続けているカリスマ主婦トレーダーとして知られる池辺雪子さんが、「ワールド・アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー」にも輝いたトルコ人起業家のエピソードを紹介する。そこから見出される、トレーダーが大きな利益を獲得するために必要なポイントとは何か。池辺さんが解説する。

 * * *
 ハムディ・ウルカヤ氏という方をご存知でしょうか。「チョバーニ」というアメリカで最も売れているヨーグルトメーカーの創業者兼CEOであり、2013年には、「ワールド・アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー」を受賞されている1972年生まれの起業家です。

 ウルカヤ氏はトルコで酪農業を営む家に生まれ、トルコのアンカレ大学にて学んだ後に渡米しますが、その時に持っていた所持金はたったの30万円程度。その後父親の支援もあり、チーズを販売することで資金を作ります。そして2005年、運命の日が訪れます。

 たまたま見つけた「ヨーグルト工場売ります」と書かれた紙。最初はその紙をゴミ箱に捨てますが、30分後にはそれを再び取り出し、ヨーグルト工場を買い取ることにします。「チャンスが来た、そう思ったんです」──後にウルカヤ氏は後にそう語っています。

 工場を買い取ってから2年後の2007年、いよいよヨーグルトの製造販売が開始されますが、発売からたった6年ほどで「チョバーニ」は米国最大のヨーグルトブランドに成長し、売上高も約10億米ドルにまで達します。

トレーダーとしておさえるべき2つのポイント

 さて、私がウルカヤ氏のエピソードから見出したポイントは2つです。1つ目は、30万円ほどの資金しか持たずに渡米したウルカヤ氏が、約10億ドルの売り上げを誇る企業を作ってしまった点です。

 そして2つ目は、工場買い取りのチャンスを逃さなかった点です。もしウルカヤ氏が工場を買い取らなければ、「チョバーニ」の成功は無かったかもしれません。ウルカヤ氏は「実は多くの人に毎日チャンスが訪れている」とも語っていますが、誰にでも必ず訪れるチャンスをしっかりとつかんだことが成功へと繋がったのです。

1/3ページ

最終更新:8/10(木) 18:00
マネーポストWEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

マネーポスト

株式会社 小学館

2017年夏号
6月1日発売

定価620円

最新号の総力特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。「年内株価3倍期待の高成長株10」他、上がる株を一挙大公開。