ここから本文です

予定を分刻みに管理することで学んだ集中力維持法5選

8/10(木) 9:10配信

ライフハッカー[日本版]

Inc.: 次から次へとアイデアは浮かぶのに、1日の時間が限られていて困っている、という人のために、生産性を高めて集中力を維持するための5つのコツをご紹介しましょう。

【画像】予定を分刻みに管理することで学んだ集中力維持法5選

テクノロジーのおかげで、スケジュール管理や効率的なコミュニケーションは簡単になりました。しかし、テクノロジーのせいで困った問題も生じています。ポケットにコンピューターがあれば、ビジネスに関するどんなことでも、簡単に最新情報へアップデートが可能です。この便利さと引き替えに、届くメールの数は増え、アップデートの回数も増え……ありとあらゆるものが増えています。

次から次へとアイデアが浮かぶのに、1日の時間が限られていて困っている……という方がいたら、分刻みでスケジュールを組む筆者が身につけた、集中力を維持する5つのコツを参考にしてみてはいかがでしょうか。

メール管理ツール

メールはどんなビジネスにおいても、最もよく使われるコミュニケーションの手段でしょう。絶えずメールをチェックして、プロジェクトの進行状態をチェックしたり、チームのメンバーや納入業者と連絡を取ったり、組織のだいたいの状況を把握したりします。

このため、メールには膨大な時間が費やされます。事実、The Washington Postに掲載されたAdobeによるレポート(2016年)で、ホワイトカラーの労働者は日に平均で4.1時間をメールのチェックに費やしていることがわかりました。1週間では平均20.5時間です!

これをなんとかするために、筆者はGoogleの『Inbox』のようなフリーツールや『Boomerang』や『ActiveInbox』などの有料アプリをうまく使うようにしてきました。これらのツールを使えば、優先度に応じて受信メールにフラグをつけて、受信ボックスを整理しておけるのです。

これらのツールを使えば、どのメールにいつ対処しなければいけないのかも把握できます。毎日受信ボックスの一番上にフォローアップメールを置いておけば、送信済フォルダーを探し回らなくてもいいのです。たしかに、そうすることで1通のメールについて節約できる時間はほんの30秒かもしれません。しかし、30秒でも積み重なれば大きいのです。

1/3ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。