ここから本文です

心ここに在らずになってませんか?現代人に多い「マインドレス」チェックリスト

8/10(木) 6:40配信

@DIME

瞑想をベースにしたプログラムにより、ストレス軽減や集中力アップが期待できるという「マインドフルネス」。大手企業でも次々と導入され、成果を上げているこのプログラムを「東京マインドフルネスセンター」で体験してきた。

【写真】心ここに在らずになってませんか?現代人に多い「マインドレス」チェックリスト

◎「今」に集中することで心のバランスを調える

 昨今のストレス社会においては、次ページの表のような心を失う=マインド「レス」な状態を感じることも多い。そこから意識を戻して「今」おかれている状態を客観視し、心を「フル」な状態にするのが「マインドフルネス」のキモ。その方法のひとつが瞑想だ。

「思考を手放す=無になることは難しい。それでも雑念を手放し今に集中し続けることで、余計なエネルギーが抑えられ、自分本来のエネルギー、生きる力が沸いてくるんです。するとストレスからも解放されて、集中力や免疫力もあがり、結果、自律神経も整うのです」(長谷川さん)

 やり方は人それぞれ。瞑想で呼吸を意識するのもいいし、ヨーガで身体感覚に目を向けるのもいい。今回は「ヨーガ」「座る瞑想」「シェアリング」という約3時間のプログラムを体験したが、その心地よさ、スッキリ感は久しぶりの感覚。正直、瞑想の間も雑念が襲い、集中できたかというと疑問だ。だが、これも訓練で身につけられるという。

「あとは仕事でも日常生活でも『間合い』が大切。心が乱れたら1回止まって身体を動かす、呼吸に集中するなどして、心の調律をすること。『今』に戻ってその状態を客観的に見られれば、マインドレスから解放されます」。

文/編集部

※記事内のデータ等については取材時のものです。

@DIME編集部

最終更新:8/10(木) 6:40
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年10月号
8月16日発売

定価600円

売り切れ御免!調理家電&ヒット食品
ふるさと納税 極ウマ返礼品・ベスト47
ホリエモン流 超仕事術公開
タイプ別 痩せるカラダマネジメント