ここから本文です

観光客が押し寄せすぎて、美しいアイスランドの風景が「激変」

8/10(木) 12:20配信

WIRED.jp

氷に覆われた美しい風景で知られるアイスランドにとって観光は主要産業のひとつだが、近年は押し寄せすぎた観光客の影響による“自然破壊”が社会問題化している。その様子を写真家のカメラが捉えた。

観光客によって美しい風景が破壊される

今日も世界各国の観光客が、氷と火山の国アイスランドを訪れている。アイスランドの産業においても観光は年々その重要性が高まっており、いまでは漁業やアルミニウム工業と並ぶ主要産業のひとつとみなされている。

近年はテレビドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」のロケ地となったことやLCCのフライトが増えたことで、観光客の増加はさらに加速しているのだという。2010年の観光客数は50万人弱だったが、17年は230万に達するとみられている。この国の人口が34万にも満たないことを考えればこの数がいかに大きなもので、観光産業がどれほど急速に発展しているかわかるだろう。

かつてアイスランドは、世界で最も観光客に優しい国だといわれていた。しかし、どうやら事情は変わりつつあるようだ。重要な観光資源であった美しい資源が、ほかならぬ観光客によって破壊されており、現地における観光客の印象は悪くなってきているのだという。事態を重くみたアイスランド政府は、ホテルの宿泊税など観光にまつわる部門の増税を検討しているほどだ。

アイスランドにおける観光の状況を知った写真家デニス・メイヤーは2017年3月、実際に現地を訪れ、観光が自然や社会にどのような影響を及ぼしているのか調査している。「アイスランドにおいて観光開発が生態学的および社会学的にどのような結果をもたらしたのか自分の目で見てみたかったのです」とメイヤーは振り返る。

アイスランド南西部に位置する世界最大の露天温泉「ブルーラグーン」や、一面真っ青な景色が広がる氷の洞窟があることで知られている「スカフタフェットル国立公園」など、メイヤーの写真はアイスランドのメジャーな観光地を捉えている。ときにはカメラに向かってポーズを構える観光客の人々はみな楽しそうだ。

「特にブルーラグーンは社会学的に見ても面白い場所です。ここには多様な国籍の人々がいますし、完全なる消費のための場所ですから。自然がビジネスに捧げられているというわけです」。そうメイヤーは語っている。

「わたしの写真を通じて、アイスランドの豊かさだけではなく自然の脆弱性を知ってもらいたいのです」とメイヤーは語る。「観光客の振る舞いを現地のやり方に適応させられたらと思っています。かなり危険な状況になっていて、遺産と自然の両方を急いで保護しなければいけないのですから。観光客の人々が真に素晴らしい体験をするためには、ある程度制限を設けなければならないでしょうね」

メイヤーの主張は正しいかもしれないが、厄介なのは彼の写真がときにチャーミングな観光写真にも見えてしまうことだ。観光に侵食されたアイスランドの現状を伝えることが、さらなる観光客へのアピールに繋がってしまうという、ある種のジレンマにアイスランドは陥っているのかもしれない。

WIRED.jp_IS

最終更新:8/10(木) 12:20
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.29』

コンデナスト・ジャパン

2017年9月11日発売

630円(税込み)

『WIRED』VOL.29は1冊まるごとアフリカ大特集!「African freestyle ワイアード、アフリカにいく」南アフリカ、ルワンダ、ケニア etc