ここから本文です

メキシコの英雄マルケス 麻薬密売人と関与で米財務省から制裁 組織の“看板役”の疑い

8/10(木) 10:20配信

Football ZONE web

メキシコ代表の象徴的な存在のDFマルケス、制裁リスト入りで各国メディアが一斉報道

 バルセロナで活躍し、メキシコ代表の象徴的選手でもあるDFラファエル・マルケス(アトラス/メキシコ)が麻薬の密売人との関与があるとして、アメリカ財務省から制裁を受けることが発表された。

【写真】世界中に拡散で大反響、本人も反応! ユナイテッドMFフェライニの“顔面ヒット変顔”の瞬間

 マルケスは麻薬組織の主要人物であるラウール・フローレス・ヘルナンデスという人物と関与のある21人のうちの1人と特定されている。それだけでなく、マルケスはヘルナンデスら組織と長年に渡る付き合いがあり、看板人物となっていたとされている。また、メキシコではサッカークラブを含むレストラン、カジノなど42の組織・団体も麻薬組織との関与があるとして、制裁の対象となっている。

 マルケスら制裁リスト入りした人物、組織はアメリカ司法権の管轄下にある資産が凍結され、アメリカ内での取引が禁止となる。

 38歳のマルケスはモナコやバルセロナといったヨーロッパのクラブで実績を残した。メキシコ代表としてはすでに140試合以上に出場し、ワールドカップには2002年日韓大会から14年ブラジル大会まで4大会連続出場を果たし、今夏のコンフェデレーションズカップにも出場していた国も英雄的存在。それだけの選手なだけに、世界各国メディアが一斉に報じる事態となっている。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/10(木) 10:20
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新