ここから本文です

ホラー映画『ハウリングI・II』、『ザ・フォッグ』初ブルーレイ化 特典映像も収録

8/10(木) 8:44配信

リアルサウンド

 “キングビデオ≪最終盤≫コレクション”シリーズによる第8弾『ハウリングI・II』、第9弾『ザ・フォッグ』が、初ブルーレイ化で発売されることが決定した。

ほか画像

 『ハウリングI・II』は、ジョー・ダンテ監督が手がけたホラー映画『ハウリング』と、シビル・ダニングが脱ぎまくるカルト映画『ハウリングII』が、カップリングされた最終盤。国内でブルーレイ化されたのは、2作品とも今回が初めてである。キャスト・スタッフのインタビュー映像などを含む特典映像が加わり、合計3枚組をBOX化。さらに、2作品ともTV放送吹替が収録されており、32ページブックレットが封入されている。

 『ザ・フォッグ』は、 『ハロウィン』『ゼイリブ』のジョン・カーペンター監督が、 100年に一度、港町に訪れる亡霊の恐怖を描いたホラー映画。海から亡霊を乗せた濃霧が、深夜の町を覆い尽くしていく。本作で特殊メイクのロブ・ボッティンとタッグを組んだカーペンター監督は後に、再びボッティンとともにホラー映画『遊星からの物体X』を手がけている。本編ディスク1枚、特典ディスク1枚の計2組のほか、TV放送吹替が収録されており、32ページブックレットが封入されているBOX仕様の最終盤だ。

 なお、3作品ともに通常盤単品ブルーレイも同時発売される。

リアルサウンド編集部

最終更新:8/10(木) 8:44
リアルサウンド