ここから本文です

若者が苦手のフルーツ食を習慣化できる超簡単で唯一の手段 --- 黒坂 岳央

8/10(木) 16:00配信

アゴラ

近ごろ、「若者のフルーツ離れ」という記事をよく見かけるようになりました。

その理由はさまざまあると言われており、

「フルーツを食べて来なかった世代が親になり、果物を子供に食べさせる食育が出来ていない」

「ご飯やパンに比べて、果物は値段が高い」

「皮むきなどで汚れたり面倒なのがいやだ」

といわれています。過去の記事でも何度か取り上げた通り、これらは全部果物のことを正しく理解していない「誤解」なのですが、そうはいっても誤解したまま食べない人が増えているというのも事実です。果物はその栄養価や美容、健康効果を考えると安すぎる「高コスパ食」で、ぜひ毎日食べる食習慣にしてもらいたいと思っています!

「そうはいってもやっぱり面倒くさいしな」

「思いつきで買ってはみるものの、長続きしない…」

といった人も多いでしょう。今回はそんなフルーツ食を習慣化するための超カンタンにして唯一の方法をお伝えしたいと思います!

その方法とは「毎日果物を買う」

「なんだなんだ…その手段っていったいなんだってんだよ!?」

そう期待の高まりを見せるあなたにお伝えしましょう。それはズバリ、

「果物を毎日買う」

ということです。

「はぁ…!?とうとう頭が狂ったか??果物を毎日買うってそれが続かないからこの記事を開いたのに…!!」

と怒りで血液がグツグツと沸騰しそうになるあなた。ちょっとだけ落ち着いて私の話を聞いてください。

これは何も食習慣に限った話ではないのですが、何か新しいことを始めてそれを習慣化するのってものすごく大変なんですよ。これまでの人生を振り返ってみてください。

「春から英会話を始めて来年には英語ペラペラだ!」

「夏までに腹筋を6個に割ったろ!!」

「美容のために毎日スムージーを飲む!」

こうした新しいことを始めて挫折した経験って必ずありますよね?いえ、否定しなくても分かります。あるんですよ誰でも絶対に。私も何度も何度も英会話の勉強を始めて挫折…というのを繰り返した時期がありました。でも習慣化について勉強をして理解したことで、最終的にアメリカの大学に留学し、会計学を学んで外資系企業に就職することができました。

こういう話をすると

「なあに!?自慢をしたいのか??」

と考える人がいるのですが、そうではありません。私は他の人と同じく、何度も何度も英会話の勉強をしては挫折ということを繰り返しました。ですが、完全に習慣化したことで英語を身につけることが出来たのは

「習慣化」

についてしっかりと理解しているというたった一点の違いです。そう、あなたも習慣化について理解をすれば英会話だろうが、筋トレだろうが、美容のためのスムージーだろうがなんでもできるようになります!

1/2ページ

最終更新:8/10(木) 16:00
アゴラ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

アゴラ-言論プラットフォーム

アゴラ研究所

毎日更新

無料

経済、ビジネス、情報通信、メディアなどをテーマに、専門家が実名で発言することで政策担当者、ジャーナリスト、一般市民との交流をはかる言論プラットフォーム