ここから本文です

36歳フェデラーは「何をしても可愛らしい」? “ピンク戦闘服”が海外で話題

8/10(木) 17:23配信

THE ANSWER

36歳初戦で快勝…強すぎる上に「可愛らしいピンク」のシャツにファン反響

 男子テニスのロジャーズ・カップは9日、男子シングルス2回戦で世界ランキング3位のロジャー・フェデラー(スイス)がピーター・ポランスキー(カナダ)にストレート勝ち。8日に誕生日を迎えたばかりの王者は36歳初戦を“ピンク戦闘服”で快勝。ATP中継サイト「テニスTV」は公式ツイッターで「可愛らしいピンクだ」と紹介する一方、圧倒的な戦いぶりを「36歳のトリック祭り」と称賛している。

【動画】ダンディーなベテランがマダムも魅了する“戦闘服”で躍動…テニスTVが公式ツイッターで紹介した可愛らしいピンクシャツでフェデラーがスマッシュを決めた瞬間

 フェデラーは第1セットを6-2で20分ほどであっさりものにすると、第2セットも6-1と圧倒。優勝した7月のウィンブルドン以来となったが、なんなくポランスキーを退け、3回戦に駒を進めた。

 8日に誕生日を迎え、36歳初戦となった試合。注目を集めたのは、意外なところだった。

「テニスTV」公式ツイッターは試合中に「可愛らしいピンクだ」と、この日着用していたピンクのシャツに注目。ダンディーなベテランが甘い色もさわやかに着こなす様子を動画付きで紹介すると、海外マダムのファンから「いつものこと! あなたは何をしても可愛らしい!」との声が……。女性ファンのハートをがっちりと掴んでいる様子だった。

 しかし、かわいらしいシャツとは裏腹に戦いぶりは王者にふさわしいもの。試合後には「36歳のトリック祭り。フェデラー特急は53分でポランスキーを通過」と速報した。

全米OP公式は「モントリオールでも観客待っている」、ファンは「今後もピンク希望!」

 返信欄には28日に開幕する全米オープン公式から「久しぶりだね、フェデラー。ウィンブルドン後からその姿を見なかったが、あるべき場所に戻ってきた。モントリオールでも君の目の前には大勢の観客が待っているよ」と呼びかけ、ファンからは「今後もピンクを希望!」との声も上がっていた。

 8日に誕生日を迎えた際には、テニスTVが現役選手たちによる祝福動画を公開された。

 盟友ナダル、キリオス、ズベレフ、ディミトロフといった若手選手が登場したほか、錦織がうさぎの鼻と耳がつけられる加工を施され、「ウサ耳」姿でお祝いメッセージを送ったことが世界のファンに反響を呼んでいた。

 そんな祝福ムードの中で迎えた36歳を見事な勝利で飾ったフェデラー。グランドスラム通算20勝目がかかる全米オープンへ向け、今大会を優勝で飾り、36歳初Vで弾みをつけたいところだ。

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

最終更新:8/10(木) 19:39
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。