ここから本文です

注文から1時間程で届く、忙しい人の救世主!地域密着型の買い物代行サービス「honestbee」とは?

8/10(木) 12:11配信

@DIME

忙しい生活を手助けしてくれる“代行サービス”。昨年ドラマ『逃げ恥』で注目を浴びた「家事代行サービス」、冠婚葬祭で代理出席をお願いできる「家族代行サービス」、似合う洋服を選んでもらう「コーディネート代行」など、さまざまな代行サービスが話題になっています。今回は「地域密着型の買い物代行サービス」を展開するhonestbee(オネストビー)のサービス内容ついて聞いてきました。

【写真】注文から1時間程で届く、忙しい人の救世主!地域密着型の買い物代行サービス「honestbee」とは?

◎honestbeeの仕組み

買い物代行サービスは、忙しいビジネスマン、日本語に不慣れな外国人、子供を持つ母親や年配の方々など、必要なときに必要な商品を購入できない人にとって便利なサービスです。

honestbeeが展開している地域は港区や渋谷区などの一部エリア。このエリアが選ばれた理由は、ネットリテラシーが高く、食材の品質にこだわりがある人々が多く住んでいるからです。

買い物代行を頼むには、スマホならアプリから、パソコンならウェブサイトから注文します。オンラインショップで買い物をするときと同じように、ほしい商品をカートに入れて、注文ボタンを押すだけです。注文ボタンを押したら、買い物代行を担当する“コンセルジュショッパー”に連絡が届きます。

honestbeeでは、コストコやプレッセなどの有名店から、カナダ産ワイン専門店やドイツ菓子専門店のような専門店まで取り扱っています。“産地直送の野菜”や“築地の海鮮類”を取り扱っていることから、質を重視した食材を中心に集められていることがわかります。

買い物代行で注文した商品は実店舗で購入されるため、在庫がない場合でも対応できるように、「代替商品を選択しておく」「コンセルジュショッパーにまかせる」「購入しない」から選べます。

注文後、コンセルジュショッパーは店舗で商品を購入し、家まで届けるデリバラーに渡されます。荷物は最短1時間で商品が届きます。

送料は490円で、3000円以上で無料(一部店舗除く)になります。注文が集中する時間帯に注文すると、ピーク配送料として200円の追加料金が加算されます。また、商品の料金、送料以外にもコンシェルジュ手数料(基本490円)も追加されます。

◎honestbeeのメリット・デメリット

■メリット

・注文してから1時間程度で届く
・配達時間は1時間単位で決められる
・普段行けなかったお店で買い物ができる

honestbeeを使う最大のメリットは届く時間のスピード。商品を注文してから1時間程度で届くので、ご飯を作る直前に食材が足りないことに気づいたとしても間に合います。また、配達時間は1時間単位で決められるので、荷物を受け取るために待つもどかしさを最小限で抑えられます。

honestbeeの特徴は、車でしか行けないお店、住宅街の中にあるお店、入りづらいお店など、普段行かないような専門店を多く取り扱っていることで、新しい食材・食品を試すチャンスがあります。普段からさまざまなお店をチェックしておくと、いざというときに気の利いたお土産やプレゼントを選べるかもしれません。

■デメリット

・お店のポイントカードが使えない
・再配達手数料が高い

現時点では、ポイントカードや割引クーポンを使うことはできません。honestbeeを通してポイントカードや割引クーポンを使えるはずのお店で購入したとしても、使用することができずに期限切れになってしまうかもしれません。

また、配達時に家にいない場合は、再配達してもらうために手数料が750円かかります。たとえば、たまたま手が離せない用事ができてしまい、荷物を受け取れないことがあるかもしれません。1時間単位で配達時間を指定できるので、このようなことは稀だと思いますが、こういった料金を把握しておくと万が一のときに焦らずに済みます。

◎買い物は“労働”それとも“娯楽”か?

よくよく考えてみると買い物は“労働”です。

買い物は楽しいから“娯楽”と言う人もいるかもしれませんが、それは買った後に使っている様子を想像する楽しさのはず。その商品を使っているときが本当の意味での“娯楽”だと思います。

「お金があるのに時間がない」というビジネスマンや共働きの家庭なら、このような代行サービスやお掃除ロボットや食洗機のような時短アイテムをとことん利用して、プライベートの時間を作ってみるのもいいと思います。将来を考えて貯金を取るか、まだ若いうちに遊ぶ・勉強するための時間を取るか、しっかりと考えて出した結果ならどちらも良い選択だと思います。

取材・文/あみれ

@DIME編集部

最終更新:8/10(木) 12:11
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年12月号
10月16日発売

定価600円

Amazonを使い倒す超賢ワザ
『iPhone X』を買うべき10の理由
開発の裏側も見せます!無印良品の家電学