ここから本文です

ヘアアレンジを成功させるカギは「巻き」にあり。プロが教えるコツとは? [with]

8/10(木) 20:07配信

講談社 JOSEISHI.NET

雑誌に書いてある通りにやったのに、なんだかうまくいかないってことない?  そんな「ここがわからない!」「できない!」という細かな疑問に、ヘアアレンジのプロGendaiさんが、ヘアアレンジのギモンにお答えします☆

巻き編

Q どのくらいの温度で巻くといいの? 何秒キープするの?
A 温度は180度で、巻き込んで3秒キープが最適!

Q 巻く前や後は、何かつけるべき?

A はい、つけてください! カールの持ちが違います

アイロンによる髪のダメージ軽減や、巻いたときのゆるふわ感持続には、スタイリング剤はマストです!

■スタイリング剤の選びかた
巻く前には巻き髪ローションを、巻いたあとにはワックスをセレクト。

Q アイロンの太さは何ミリがいい?

A 髪の長さに合ったものを選んで

アイロンの太さでカールの出方が変わりますが、まずは髪の長さに合ったものを選んでみて!

■アイロンを選ぶ目安

[ロング] 太さ32mm

[ミディアム・ショート] 26mm

[ショート] ストレートアイロン

Q カールを長時間持続させる秘訣を知りたい!

A 細かく巻くこと!

巻く前後のスタイリング剤はマストですが、一回に巻く毛束の量を少なくし細かく巻いて。熱の入りがいいのでしっかりとカールがつきます。巻いたらそのまま放置してカールが冷めるのを待ちましょう。くずすのはそのあと!

Q トップをふんわりさせる巻き方を教えて!

A アイロンを押しあててカールをつける

まず根元から15cmくらいのところにアイロンを当てる。毛先を下に引っ張り、アイロンを前に押し出してカールをつけて

Q 時短の巻き方ってある?

A 190度の高温で一気に巻く!

アイロンの温度が低いと、カールがつきにくく時間がかかります。時短を目指すなら、高温で一気に巻き終えて

Q 髪が長くて毛先しか巻けません……。トップや中間はどう巻くの?

A 表面の髪をアイロンに巻きつけて

トップや中間の髪は、巻くというよりアイロンに毛束を巻きつけるイメージ。巻くのも表面に動きが出るくらいでOKです!

1.トップの髪を少量取り、アイロンのレバーを押して本体部分に巻きつけはさむ。

2.1の状態を3秒キープしたら、レバーを押しながらアイロンをスーッと上に抜く。

Q 晴れの日と雨の日で、巻き方や温度は変えるべき?

A はい、変えてください!

湿気が多い雨の日はカールが取れやすいもの。190~200度の高温で、いつもより毛束を細かく分けてから巻いて。 仕上げにはハードスプレーでカールをしっかりとキープしましょう

Q フェイスラインの中途半端な髪って、巻いたほうがいいの?

A 毛先にほんの少し動きをつける程度に巻いて

ストレートよりも、毛先を軽く巻くと顔まわりにニュアンスが出てこなれた印象に

ヘア&メイクアップアーティスト Gendaiさん

インスタグラム(@gen_dai)に投稿される、上品でおしゃれなヘアアレンジが大好評!

with 2017年9月号より