ここから本文です

10年後にお金の貯まる人・貯まらない人の【財布のちがい】

8/10(木) 23:00配信

集英社ハピプラニュース

「貯まる財布」の特徴はコレ!!

貯金、それはすべての働くアラサー世代のお悩み。「頑張って節約しているつもりなのに貯まらない」「収入はわりと高いのに、まとまった貯蓄がない」という人、それはお金の使い方に問題があるのかもしれません! ファイナンシャルプランナーの横山光昭さんが、読者の月々の支出状況を詳しく診断。お金が貯まる人かどうかは「まずは財布を見ればわかる」のだそう。

結婚を意識したときこそ、保険の見直しを!


<貯まる財布の5つのルール>
1.ポイントカードは重ねず見やすく収納。ポイントカードやクレジットカードはよく利用するものにしぼり、使う際にすぐ取り出せるように「見える収納」が正解!
2.レシートを入れる場所は1か所に。
3.お札の入れ方を決めて残金を把握している。
4.小銭の量が少ない。小銭が増えて財布がふくらむと、中が見えにくくなる危険性が。小銭入れを持つか、合計¥500以上の小銭がたまらないようにこまめに整理。
5.形崩れなくすっきりしている。


■こうなってない? これが「貯まらない」ブタ財布
中身がパンパンの財布ではお金の管理ができません。ちなみに持ち主はスタイリストのMさん。仕事とプライベートの財布は一緒。仕事柄、立て替え払いが多く、プライベートの支出が把握しづらい状況に。「貯金できている、という実感がないんです…」(Mさん)。

⇒ その中身は?
とにかく膨らんでしまったあるある「ブタ財布」の中身は……有効期限切れのクーポン、クレジットカードがいっぱい(6枚のうち3枚が期限切れ)、ポイントカードが無数、いつぞやの神社のおみくじ、仕事の領収書やレシートが大量、自分用のレシートも一緒……そんな風になっていませんか?
以上はリアルにMさんの財布に入っていた中身。忙しくて整理する暇がなくて……という人も多いと思いますが「自分の財布をときどき見て何が入っているのか、確認、把握することが大事」と横山さん。この機会に、自分の財布を見直してみて!


撮影/中澤真央