ここから本文です

世界で最も稼ぐDJランキング 年収23億円、謎の「覆面DJ」が8位

8/10(木) 11:00配信

Forbes JAPAN

フォーブスは8月8日、毎年恒例の「世界で最も稼ぐDJランキング」を公開した。首位に立ったのは5年連続でトップの座を守ったカルヴィン・ハリスで、年収は4850万ドル(約53億円)だった。



しかし、本年度最大の注目株と言えるのは 謎の覆面DJ として話題のマシュメロ(Marshmello)だ。その名の通り巨大なマシュマロのようなマスクを被ってプレイする彼は2015年に突如EDMシーンに現れ、2016年のデビューアルバム「Joytime」でiTunesのエレクトロニック・アルバム・チャートの1位を獲得した。マシュメロのギャラは一晩で数十万ドルとも伝えられ、精力的なツアー活動により一年間で2100万ドル(約23億円)を稼ぎ出した。

今年の上位10名の年収の総額は2億9800万ドルに達し、昨年の2億7050万ドルから上昇した。その背景にはマシュメロやザ・チェインスモーカーズの2名が新たにランキングに加わったことがあげられる。ザ・チェインスモーカーズは昨年、ストリーミングで22億回再生を超える人気を獲得し、年収は3800万ドルに達した。コールドプレイとコラボした楽曲「Something Just Like This」もその人気を押し上げる要因となった。

ザ・チェインスモーカーズのアレックス・パルはフォーブスの取材に「他のアーティストとコラボすることはインスピレーションを与えてくれる。とても興奮させられるし、クリエイティブな気持ちにさせてくれる」と述べていた。

2位は現在48歳のオランダ人DJのティエスト。年間134回のステージで3900万ドルを稼いだ。

上位10名のなかで最高齢は49歳のデヴィッド・ゲッタで、最年少は5月に21歳になったばかりのマーティン・ギャリックスだ。ギャリックスの父親でも不思議ではない年齢のベテランDJのゲッタは、リアーナやアッシャーといったポップ界の大スターとの共演でも知られている。

「自分がDJを始めた頃、ダンスミュージックはアンダーグラウンドなジャンルだった。ラジオでかかるような一般的な音楽ではなかった」とゲッタはフォーブスの取材に応えた。

ランキング作成にあたりフォーブスは2016年6月から1年間の各アーティストの収入を推定した。集計にあたってはニールセンやポールスター等の音楽メデイアの数値も参考とした。下記に上位10名のアーティストとその推定年収を掲載する。

1位:カルヴィン・ハリス 4850万ドル(約53億円)
2位:ティエスト 3900万ドル
3位:ザ・チェインスモーカーズ 3800万ドル
4位:スクリレックス 3000万ドル
5位:スティーヴ・アオキ 2950万ドル
6位:ディプロ 2850万ドル
7位:デヴィッド・ゲッタ 2500万ドル
8位:マシュメロ 2100万ドル
9位:マーティン・ギャリックス 1950万ドル
10位:ゼッド 1900万ドル

Zack O'Malley Greenburg

最終更新:8/10(木) 11:00
Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN
2017年9月号

株式会社アトミックスメディア

2017年9月号
7月25日(火)発売

890円(税込)

成功のヒントはフォーブスにあり!
Forbes JAPAN 無料会員に登録すると、すべての記事が読み放題。メルマガ配信、限定のプレゼントやイベントへのご招待も!