ここから本文です

【鳥栖】「速かったですね、あの子」。GK権田が思わず唸ったアタッカーは?

8/10(木) 16:30配信

SOCCER DIGEST Web

80分に、1対1のピンチを迎える。

[J1リーグ21節]柏 0-0 鳥栖/8月9日/柏
 
 鳥栖のGK権田修一がJ1・21節の柏戦で、好セーブを連発。クリスティアーノらを擁する柏の強力な攻撃陣に押し込まれながらも見事に完封し、チームに勝点1をもたらした。

【柏 0-0 鳥栖 PHOTO】両チームともチャンスを活かせずスコアレスドローに終わる

 
 権田にとって最大のピンチは、おそらく80分の場面だろう。鳥栖のCKからカウンターを受け、相手アタッカーと1対1の場面を作られた。
 
 相手のドリブルがやや大きくなったこともあり、シュートは枠を外れて万事休すも、ゴールがガラ空きとなる、ヒヤリとしたシーンだった。
 
 その時、権田が対面したのが、リーグ屈指のスピードを誇る24歳のアタッカー伊東純也だった。
 
 権田は「速かったですね、あの子。自分のスピードに自信を持っていて、何をすべきか分かっている。だから単純に前にボールを出して走れる。そういうのも自分を活かすためのひとつ高度な技術ですからね。自分の強みを分かっている本当に良い選手です」と驚嘆の表情を見せた。
 
 ただ、前述した1対1の場面では、そのうえで権田は落ち着いて対応した。
 
「前に出る選択肢もありましたけど、彼のスピードを考えたら、先に追いつかれていたかもしれない。とりあえずは三丸に任せてみようと。ただ彼が競り負けてしまったので、あと自分は先に倒れないことだけを意識しました。
 
 伊東選手はシュートもうまいので、打ってくる可能性もあったし、抜いてくる可能性もあった。ただ何をされても良いような準備をした。その場面で彼(伊東選手)はドリブルを選択しましたけど、それにしっかり対応できた。
 
 ただ、こうやって今話してることを、あの3、4秒で考えてる場合じゃないですから。普段の練習からしっかりああいうシチュエーションを考えてできているので、その成果が出たかなと思います」
 
 驚異的なスピードを披露した伊東と、そのミスを誘う好判断を見せた権田の、見応えあるマッチアップだった。
 
取材・文:多田哲平(サッカーダイジェストWEB編集部)

最終更新:8/10(木) 16:31
SOCCER DIGEST Web