ここから本文です

【神戸】2試合連続の逆転負け――攻守のキーマンが語る不調の原因とは?

8/10(木) 6:00配信

SOCCER DIGEST Web

押し込まれると「ガラっとサッカーが変わる」(岩波)。

[J1第21節] 神戸 1-2 鹿島/8月9日/ノエスタ/19,039人
 
 前節・柏戦に続き、またもや先制しながらも、手痛い逆転負けを喫した。今節の鹿島戦では、とりわけ前半は、相手の昌子源に「マジで苦しかった」と言わしめるほどの戦いぶりで、後半開始直後にCKからリードを奪う理想的な展開だったのだが……。
 
 2CBと2ボランチの4人が絡み、テンポ良くボールを出し入れしながら、安定感のあるビルドアップを見せる。前線の選手たちは流動的に動きながら、局面を崩しにかかり、強力2トップが迫力あるプレーでゴールを狙う。
 
 チーム全体の守備意識は高く、高い位置から積極的に相手ボールを奪いにかかる。攻守に躍動感を発揮し、先制点を奪える力もあるのに、手にした勝点はゼロだった。
 
 現状について、CB岩波拓也の見解は?
 
「ビルドアップは少しスムーズになってきましたけど、その先でボールを簡単に奪われてしまう時がある。まだまだビルドアップも良くしていかないといけない」
 
 後方からのボールの運び方はもちろん、相手陣内に入ってからの“つなぎ”の部分にも少なからず手応えを感じている。しかし、そこで奪われてカウンターを喰らい出すと、どこか消極的になってロングボールに頼ってしまい、押し込まれると「ガラっとサッカーが変わる」という。
 
「押し込まれても、余裕を持ってつなげるのが、鹿島であり、浦和であり、ガンバやレイソルもそう。たとえ負けていても、自分たちのスタイルを、前半からやっているサッカーを貫くことを、僕らも目指さないといけない」
 
 岩波はまた、「リードしてからの試合の進め方にも課題を感じている」が、FW渡邉千真もこの意見に同調する。
 
「先制しているにもかかわらず、ビハインドのような雰囲気というか、押し込まれると受けてしまって、そのまま失点して、ズルズルといってしまう。ゲームを読む力や賢さが少し足りない」
 
 鹿島戦では60分を過ぎたあたりから、劣勢の時間帯が長くなり、それを跳ね除ける反発力を示せずにいると、69分、86分に金崎夢生に2ゴールを許してしまった。
 
 前半から飛ばし過ぎて、90分間のペース配分に問題があったのかもしれない。後半の途中からは足が止まる場面が散見され、不用意にスペースを与えていた。そのあたりは改善の余地がありそうだが、「もっともっとできるはず。もどかしい」と嘆く岩波は、「選手の自信の問題もあると思う」とも語る。
 
 質の高いサッカーを見せているのは間違いない。それを持続させる術を模索し、身に付けると同時に、自分たちのスタイルを信じて、及び腰にならず、目の前の戦いに挑む。それが上位進出の鍵になるのではないだろうか。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【神戸 1-2 鹿島 PHOTO】神戸に先制されるも鹿島が金崎の2発で鹿島が逆転勝ち!

最終更新:8/10(木) 6:00
SOCCER DIGEST Web